Windowsの使い方

パソコンが遅いときはメモリが少なすぎるかも

投稿日:

「パソコンの動きが遅くなったかな?」と思ったら、次の順番で確認してみましょう。

  1. 1) メモリ容量が足りているか?
  2. 2) ハードディスクの空き容量が少なくなりすぎていないか?

 

<パソコンが快適に使えるメモリ容量>

バージョン メモリ容量
Windows XP 768MB
Windows Vista 2GB
Windows 7 2GB
Mac OS X 2GB

メモリの写真

スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコンの節電・省エネ対策について

ここ数年のWindows 7や8のパソコンは、XPやVIstaの頃と違い、特に設定をしなくても自動的に節電効果が高くなるようになっています。しかし、少しでも節電効果を上げたい方のために、参考になる記事を書きました。

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

ノートパソコンを普段から持ち運んでいる人で割と多いのが、ACアダプタの断線などによる故障です。断線を防ぐための持ち運び方の説明と、それでも故障した時の買い替えについて説明します。

Windows8ロゴ

Windows8.1はスタートボタンが復活するようですが・・・

Windows8のアップデート版のWindows8.1ではスタートボタンが復活するようですが、今までのものとは違って、シャットダウンしたり、コントロールパネルを開いたり、アプリを起動する役割ではなさそうです。

ノートパソコン、デスクトップパソコン、それぞれのメリットとデメリット

パソコンを買い換えるときに、「ノートパソコンとデスクトップパソコンのどっちが良いか?」という質問をよく聞かれるので、それぞれのメリットとデメリットをまとめておきます。また、使用目的に合わせてどちらが良いかも説明します。

パソコンが遅い原因がメモリー不足かどうかを確認する方法

パソコンが遅い主な原因のひとつとが、パソコン内部のメモリー不足です。 XPやVistaのパソコンでは特によく起きました。 メモリー不足とはどういう状態なのか、どうやって確認したり、解決すればよいかを説明します。

スポンサードリンク