*

Windows8にスタートボタンを追加するフリーソフト – ClassicShell

公開日: : Windowsのアプリ

Windows8がなかなか苦戦している様です。

その理由は、タブレットとPCの両方で使えるように、両者の操作方法を融合した結果、Windows95以来18年間続けて来た「スタート」のボタンを廃止したことで、PCでは「恐ろしく使いにくい」状態になったためでしょう。「スタート」ボタンがないならまだしも、PC起動した初期ではタイル型の操作画面が出て来て、何をどう操作していいやら。。。私はWindows3.0からWindowsを使っていますが、パッと見で電源の切り方がわからなくなったのは、Windows3.0や3.1やWindowsNTからWindows95に乗り換えて以来、18年ぶりですよ。

しかし、Windows8のOSとしての出来は、Windows7よりも起動・終了とも爆速で、起動中もとても軽い動作なので、素材は良いようです。 量販店の店頭でも、そろそろWindows7の在庫が少なくなって来て、なかには同等のWindows8のPCよりも高くなっている物もある様です。

そこで、Windows8には「Classic Shell」というフリーソフトを入れて、Windows7までの「スタート」ボタンを復活させましょう。

こちらから直接ダウンロード出来ます=== > Classic Shellをダウンロードする

Windows8の起動画面。今までと変わり過ぎでしょ。

Windows8の起動画面。今までと変わり過ぎでしょ。

Classic Shellを使って、かつてのスタートボタンとスタートメニューを表示した

Classic Shellを使って、かつてのスタートボタンとスタートメニューを表示した

 

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★ この記事に質問やメッセージを残す ★

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

dropbox-128

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

パソコンを複数、あるいはスマートフォンを持っている人は、DropBoxにデータの同期を任せるとス

記事を読む

Excel128

エクセルをぴったり用紙1枚におさめて印刷する方法

エクセルをピッタリ用紙1枚に収めて印刷する方法を紹介します。 この方法を知っていれば、拡大・縮

記事を読む

Youtube-128

YouTubeからクリック1発でiTunesに取り込み

YouTubeやニコニコ動画をiTunesに取り込んでiPodやiPhoneで聞く・見るための一番簡

記事を読む

AntennaPx150

iphone-trackerのwindows版あり

2-3日前から「iPhoneユーザの今までの行動履歴がグーグルマップで見られる」ソフトでネッ

記事を読む

RegCleanProWarningPx150

RegClean PROについて中編 – インストールしたらこんな症状が出た

「RegClean Pro」というソフトについての説明の「前編・中編・後編」の中編のページで

記事を読む

スポンサードリンク
GoogleMusicPx370Px370
Mac用Google Play Music互換プレーヤーをいくつか紹介

2015年9月から日本でもサービス開始となったGoogle P

SurfacePro3Px256
Surface 3を買って1ヶ月、外出用マシンとして使って気づいた点いろいろ

6月下旬に発売されたSurface 3をほぼ1ヶ月ほど使ったの

CinemaDisplayPx128
MacBook Pro 15 Retina 2013/2015にDELLのP2715Qをつなぐ時のコツ

MacBook Pro 15 retina Late 2013

TextEditingPx128
Androidで用紙サイズが自由な手書きメモ「Papyrus」が使いやすい

今までiPadの手書きメモアプリ「Notability」を使っ

HeadphonePx128
MocreoのBluetooth受信機のコストパフォーマンスが素晴らしい

Mocreoという無名メーカーの2千円弱のBluetoothレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑