iPhoneとiPadの周辺機器

アマゾン印のiPhone/iPad用のLightningケーブルを買ってみた

投稿日:2013年11月17日 更新日:

AmazonのLightningケーブルのUSB端子

iPhone5から接続ケーブルが「Lightningケーブル」というものに変わりましたが、アップル独自規格なうえに、アップルの認証品かどうかを確認するICチップが端子部分に埋め込まれているので、以前のように非正規品を気軽に使うことが出来ません。

非正規品を使った場合は、警告メッセージが出たり、同期や充電ができなかったり、最悪はiPhoneを壊したり火災の心配があります。

そこで、アマゾンから出している、アップルの認証ICチップを採用したLightningケーブルをポチって使ってみたレポートを載せます。

 

目次

  1. アップル認証品のLightningケーブルを買ったほうが良い理由
  2. アマゾンから届いたLightningケーブルのパッケージ〜開封〜接続
  3. この記事に関連するオススメの商品

 

1. アップル認証品のLightningケーブルを買ったほうが良い理由

iOS6の時代に、非正規のLightningケーブルを5本ぐらい買って、今まではなんの問題もなく充電・同期ができていたのですが、iOS7にバージョンアップしたとたん、すべてのケーブルで警告メッセージが出るようになってしまいました。

非正規のLightningケーブルを使った時の警告メッセージ

警告メッセージは出るものの、充電も同期もできているのですが、次の3点が気になるので、アップルの認証を受けているアマゾンのLightningケーブルを購入することにしました。

  1. 毎回このメッセージを目にするのがうざったい
  2. 警告メッセージを無視したために、万が一iPhoneが故障したり、出火した時に非正規品を使っているがために損害賠償がされなくなる恐れ
  3. 中国で非正規品のiPhone充電器を使っていて感電死した美人キャビアアテンダントの事故のニュースが気になった

 

2. アマゾンから届いたLightningケーブルのパッケージ〜開封〜接続

まずはパッケージ外部写真から。

アマゾン印(アマゾン・ベーシックというブランド名)のUSBケーブルやHDMIケーブルなどと同じ小型のダンボールに入っていました。

なお、この小型のダンボールを梱包するのに、いつものアマゾンの箱に入っていました。

Lightningケーブルのパッケージ写真

Lightningケーブルのパッケージ写真2

アマゾンのいつもの箱

 

パソコン側のUSB端子の拡大写真です。

iPhoneを買った時に最初に付いてくるのLightningケーブルより一回りぐらい大きいです。

にぎるところがツルッとしていいてギザギザの部分がないので、脂ぎった手だとすべりそうです。

LightningケーブルのUSB端子の写真

ケーブル部分の写真です。

普通のケーブルの太さの2倍ほどはあるでしょうか。

正直言って太くて硬いので、取り回しはあまり良くありません。

逆に言うと、断線しにくくて、多少手荒に使っても大丈夫そうです。

Lightningケーブルのケーブル部分の写真

 

 iPhone接続側の端子の拡大写真です。

これも普通のケーブルの太さの2倍ほどはあるので、iPhoneに付けているケースによっては干渉しそうです。

LightningケーブルのiPhone側の端子の写真

 

実際に、iPhoneにつないだ部分の拡大写真です。

ケーブルの端子の厚みもありますが、横幅がけっこうあり、iPhoneのネジの部分ギリギリで、ネジが隠れるか隠れないかぐらいまであります。

今使っているiPhoneケースのケーブル接続部分でネジの部分が完全に隠れている人は気をつけてください。

LightningケーブルのiPhone接続部分の写真1

LightningケーブルのiPhone接続部分の写真2

 

3. この記事に関連するオススメの商品

iPhoneを買った時に付いてくる1mのケーブルは、部屋の中で使うには微妙に短すぎて、持ち運びには長すぎるので、「部屋用には長いもの」「外出用には短いもの」の2種類そろえるのがベストだと思います。

部屋や職場など屋内で使ったり、ごろ寝で使うには、ケーブル長が180cmものが動きやすくて使いやすいです。

モバイルバッテリと持ち運ぶには、ケーブル長10cmものがかさばらなくて良いです。

アマゾンブランドではありませんが、巻取りケーブル派の人はこちらをどうぞ。

Lightningケーブルの巻取り式は巻き取り部分が大きい製品ばかりなので、かさばるのがイヤは人は上の短いケーブルのほうをススメます。

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タッチペン

セリアで見つけたタッチペンがiPad miniでとても書きやすい

以前、iPad miniで使いやすいタッチペンを検証する記事を書きましたが、もっと安くて書きやすいものを発見したので紹介します。しかも、黒のボールペン付きなので、紙にメモを取ることもできます。

大量の書類の保管には、ドキュメントスキャナで電子化がオススメ

書類をたくさん扱う人は自宅や職場でスキャナを使って書類の電子化を検討する場合もあるかと思います。 そこで、スキャナを使った文書の電子化のメリット・デメリットや電子化の方法について説明します。

iPadやキンドルなどのタブレット端末を縦置きにできるスタンド

iPadなどのタブレット端末やキンドルなどの電子書籍を縦向きに置けるスタンドを紹介します。案外縦向きに対応しているスタンドが少ないのですが、入手しやすい安価なものを写真を交えて紹介します。

AppleTVとiPhoneでどこでも映画館

iPhoneやiPadを持っていて大画面テレビで映画などを見るのが好きな人は、AppleTVをオススメします。かさばらないので出先にも持って行きやすく、ネット経由で自宅の動画も再生出来ます。

100均のiPhone5/6用ライトニングケーブルと変換アダプタを試してみた

iPhone付属のケーブルは、何でこんなにちぎれやすいのでしょうか?買い換える場合は千円-二千円ほどかかってしまうので、最近100均で見つけた、充電専用のケーブルと変換アダプタを使ってみたレビューを公開します。

スポンサードリンク