インターネットの利用

2014年は黒船・音楽ストリーミングサービス元年になると予想します

投稿日:2014年1月22日 更新日:

ヘッドフォン

2014年の今年は、欧米で人気の音楽ストリーミングサービスが、いよいよ日本でも本格的に開始されそうです。 今まで指をくわえてうらやましがるしかなかった欧米の良質な音楽ストリーミングサービスが、やっと黒船来航です。

 

目次

  1. 黒船の先陣を切りそうなSpotify
  2. 所有型の音楽ストリーミングサービスとシェア型の音楽ストリーミングサービス
  3. 結局、どのサービスがオススメ?
  4. この記事に関連するオススメの商品

 

1. 黒船の先陣を切りそうなSpotify

アメリカを中心に最もよく使われている音楽ストリーミングサービスの「Spotifty」が、2014年2月から遠くないうちに日本国内でサービス開始となりそうです。

音楽ストリーミングサービスSpotifyが日本で本格始動、音楽イベント「Music Hack Day」にスポンサー企業として登場 Spotifyは2月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3日間に開催される音楽イベント「Music Hackday Tokyo」に、APIを開発者に提供するスポンサー企業として参加することが決定しました。

今まで日本でなかなか進まなかった日本での音楽ストリーミングサービスですが、Spotifyが日本展開するということはJASRACやレコード業界と話がついたと考えられるので、他の黒船ストリーミングサービスも続々と日本上陸するのではないか、と思う次第です。 ちなみに、SpotifyはすでにWebのログイン画面や専用アプリの日本語も完璧に終わっているので、後はサービスの開始を待つだけ、といった状況だと思われます。

SpotifyのWebログイン画面

SpotifyのWebログイン画面

Mac用のSpotifyプレーヤーアプリの画面

Mac用のSpotifyプレーヤーアプリの画面

 

2. 所有型の音楽ストリーミングサービスとシェア型の音楽ストリーミングサービス

3つのパターン

音楽ストリーミングサービスと一言で言っても、大きく分けて3種類にわかれます。

  • a) 所有型のストリーミングサービス = 既に購入済みで所有している音楽をクラウドを使ってストリーミングする
  • b) シェア型のストリーミングサービス = 定額料金を払ったり広告を聞くことで所有していない音楽でもストリーミングする
  • c) ハイブリッド型 = 所有型とシェア型の混合

自分がすでに持っている音楽以外に新しい音楽に出会いたい時には、b) シェア型か、c) ハイブリッド型を選ぶ必要があります。 以下は各サービスごとの特徴を比較して表にまとめたものです。 カンタンに言うと、AppleやAmazonは音楽を売って商売をしているので、「うちで買った音楽か、手持ちの音楽を登録するならそれを聞けるよ」って言うスタンス、SpotifyやGoogleは「手持ちの音楽以外にも使用料を払ってくれるんなら買い切りじゃなくても聞けるよ」っていうスタンスです。

各社ストリーミングサービス比較一覧表

比較一覧表 1/4

(1) (2)
会社名 Spotify
サービス名 フリー プレミアム
月額料金 無料。ただし数曲ごとに30秒ほどのCMが入る。 月額10ドルほど
手元の曲のアップロード ×
所有する曲以外をPCで聞く  ◯アルバムの曲順再生も可能。 ◯アルバムの曲順再生も可能。
所有する曲以外をスマホで聞く  ◯但し、アルバムはアルバム内でシャッフルになる。
オフライン用にダウロード ×
PC/Mac用の専用プレーヤー  あり
スマホ用の専用プレーヤー あり
所有型かシェア型かハイブリッド型か b) シェア型

 

比較一覧表 2/4

(3) (4)
会社名 Google
サービス名 Play Music Play Music All Access
月額料金 無料 月額10ドルほど
手元の曲のアップロード ◯上限2万曲までOK
所有する曲以外をPCで聞く  ×
所有する曲以外をスマホで聞く
オフライン用にダウロード  ×  ◯
PC/Mac用の専用プレーヤー ない。Google Chromeを使う。
スマホ用の専用プレーヤー あり
所有型かシェア型かハイブリッド型か a)  所有型 c) ハイブリッド型

 

比較一覧表 3/4

(5)
会社名 Amazon
サービス名 Cloud Player
月額料金 無料
手元の曲のアップロード ×
所有する曲以外をPCで聞く ×
所有する曲以外をスマホで聞く  ×
オフライン用にダウロード  ◯
PC/Mac用の専用プレーヤー  あり
スマホ用の専用プレーヤー あり
所有型かシェア型かハイブリッド型か  a) 所有型

 

比較一覧表 4/4

(6) (7)
会社 Apple
サービス名 iTunes Cloud iTunes Match
月額料金 無料 年額25ドルほど
手元の曲のアップロード ×
所有する曲以外をPCで聞く ×
所有する曲以外をスマホで聞く ×
オフライン用にダウロード  ◯
PC/Mac用の専用プレーヤー あり。標準のiTunesで可能。
スマホ用の専用プレーヤー あり。標準のミュージックアプリで可能。
所有型かシェア型かハイブリッド型か a)  所有型 c) ハイブリッド型

 

3. 結局、どのサービスがオススメ?

総合判断

個人的に上記のストリーミングサービスを全て使った感想では、(4)のGoogleの「Play Music All Access」が一番優れていると懐いました。 理由を箇条書きにすると次のようになります。

  • 手持ちの曲とそれ以外の何百万曲の聴き放題の曲を区別することなく、ひとつの画面上でどんどん聞いていける
  • およそ思いつく限りの曲や、廃盤など相当マニアックなアルバムもカバーしている
  • いつも聞いている曲に飽きたら、料金のことは気兼ねなく、気が済むまで色々なアルバムを聞きまくれる
  • 手持ちの曲をアップロードするということは、データのバックアップも兼ねている
  • 料金は月額10ドルほどでCDを買うことに比べたら何十倍もたくさんの音楽に出会える

あえて不満をいうと、アップロード上限の2万曲をアップロードした時に1週間ぐらいかかったのと、2万曲の上限をもっと上げて欲しいのと、ストリーミング開始までのタイムラグがSpotifyに比べて時間がかかること、の3点ぐらいです。 ただし、このサービスは日本語化も全くされていないので、いつ日本国内でサービス開始となるかが不透明です。

詰めの甘いアップル

かたや、(7) のApple「iTunes Match」は自分の手持ちの曲をアップロードしてクラウド経由で聞けるのですが、有料プランにもかかわらず新しい音楽に出会えないので、(4)「Google Play Music All Access」と比べるとものすごく物足りなさがあります。 (これも日本展開は未定) こんなことを言うのもなんですが、スティーブ・ジョブズがいた頃のアップルは、音楽業界の常識をひっくり返したiTunes Storeの開始などまさに革命児そのものでしたが、今やグーグルやSpotifyなどの新興企業に押されて、まるでマイクロソフトのようにかなりコンサバティブなイメージになってきたのは気になるところです。

音楽を聞くスタイル別のオススメ

では仮に、上記すべてのサービスが使えるようになったとしたらの前提で、ユーザーの利用スタイルによってオススメをまとめてみました。

  • パソコンの作業中にラジオ感覚で音楽を色々と聞きたい人
  • できるだけ無料で新しい音楽を発見したい人

→ (1) Spotifyフリーをオススメします。

  • 既に持っている膨大な音楽データと合わせて、ストリーミングで新しい音楽を発見したい自称音楽マニア
  • 外出先でスマホで聞く時にアルバム内シャッフルされると気分がぶち壊しになる人
  • アルバムを聞いている途中で5曲ごとぐらいにCMが入るのは興ざめになる人

→ (4) Googleの「Play Music All Access」をオススメします。

 

4. この記事に関連するオススメの商品

他の記事でも書きましたが、スマホ/タブレットでストリーミングサービスを使うと問題になるのが「バッテリー切れ」「パケット上限」の2つです。

バッテリー切れ対策

ストリーミングで音楽を聞いていると半日もたたないうちにバッテリーが切れそうになるので、常にモバイルバッテリーを持ち運ぶことをオススメします。

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー

定価:¥ 6,980

Amazon価格:¥ 7,957

カテゴリ:Wireless Phone Accessory


上記のバッテリーはiPhone5などのLightningケーブルが同梱されていないのですが、持ち運びには長さ10cmのケーブルがかさばらずに便利です。

パケット上限対策

また、パケット上限については3GやLTEの回線はアルバム3-4枚を3日続けると3日で1GBの上限に達してしまうので、上限がないWiMaxのモバイルルーターを持ち運ぶことをオススメします。

スポンサードリンク

-インターネットの利用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地元・倉敷市立図書館の本の予約をインターネットからする方法

地元にある倉敷市立図書館では、実際に図書館の窓口に行かなくても、インターネットで本の予約ができます。また、岡山県立図書館の本もインターネットで予約して、倉敷市立図書館の窓口で貸出/返却の手続きができます。

ブログ初心者がブログを始めるならどこがオススメか?

一時期ほどのブームは落ち着きましたが、ブログを作りたい、という相談を受けることがあります。そこで、「どういった目的でブログを作りたいか?」に焦点を当てて、オススメのブログの作り方を説明します。

定期的・繰り返し連絡を取る相手とは、無料電話のスカイプがオススメ

使う人は毎日のように使っていて、使ってない人は存在さえも知らないのがスカイプです。簡単に言えばタダで使えるテレビ電話です。ここでは、スカイプのメリット・デメリットや、普通の電話の使い分け方などを紹介します。

ネットで簡単!クロネコヤマトの荷物検索

Googleの検索でクロネコヤマトの荷物検索ができます。通常の検索方法と、いくつかの方法で検索できるかを検証してみました。

グーグルカレンダーに書類添付

Googleカレンダーの予定にPDFなどのファイルを添付剃る方法を紹介します。

スポンサードリンク