Windowsの使い方

パソコンの節電・省エネ対策について

投稿日:2013年8月30日 更新日:

ここ数年のWindows 7以降のパソコンは省電力が進んでいて、Windows XPやVIstaの頃と比べて、特に設定をしなくても節電・省エネ効果が高くなる使い方になるようになっています。

しかし、最近の世間の節電の流れもあり、少しでも節電効果を上げたい方のために参考になる記事を書きました。

目次

パソコンの消費電力を調べる方法

パソコンのカタログやメーカーのホームページで、使っているパソコンの型番から消費電力を調べることが出来ます。

しかし、パソコンの消費電力は使用環境や使い方に大きく左右されるので、あくまで目安になります。

実際にどれぐらい電気を使っているかは、次のような機器で調べることが出来ます。

この機器では、電気代もひと目で見ることが出来ます。

パソコン以外の家電製品の電気代もわかるので、無駄な出費を切りつめたい家庭や、会社の総務部などでは、1つあると便利かもしれません。

サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8

サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8

定価:¥ 6,264

Amazon価格:¥ 2,800

カテゴリ:Personal Computers


 

パソコンの消費電力について

消費電力の目安

それぞれの機種によって消費電力は違いますが、消費電力の目安は以下のとおりです。

  1. ノートパソコン(15型液晶・Core i5クラス)・・・80W前後
  2. 液晶画面一体型パソコン(24型液晶・Core i5クラス)・・・150W前後
  3. 液晶モニター(24型前後)・・・50W前後
  4. デスクトップパソコン本体(Core i5クラス)・・・100W前後

デスクトップパソコンは画面と本体の組み合わせで使うので、3と4の合計の消費電力になります。

 

電気代の目安

消費電力から電気代を計算するには、以下のウェブサイトが便利です。

電気代計算シミュレーター | 住まいのTIPS

先ほどの1〜4について計算してみました。(2013年8月30日時点)

  1. ノートパソコン(15型液晶・Core i5クラス)・・・2円/1時間当たり
  2. 液晶画面一体型パソコン(24型液晶・Core i5クラス)・・・3.8円/1時間当たり
  3. 液晶モニター(24型前後)・・・1.3円/1時間当たり
  4. デスクトップパソコン本体(Core i5クラス)・・・2.5円/1時間当たり

思ったほど電気代がかかっていないのでないでしょうか?

節電については人によって考え方がさまざまなので、もちろん個人の思う通りの使い方でかまいません。

ですが、個人的には2〜3時間ぐらい以内に使うのであれば、わざわざ電源を切る必要はないが、半日以上使わないのであれば、スタンバイモードやシャットダウンするのが節電的に良いように思います。

 

カンタンにできるパソコンの節電・省エネについて

パソコンを節電・省エネで使う方法を箇条書きにまとめました。

  1. 半日以上パソコンを使わない時は、スタンバイモードやシャットダウンにする
  2. 液晶画面の明るさを調整して明るすぎないようにする
  3. 使っていない周辺機器(プリンタやスキャナ等)は電源を切って、使う時だけ電源を入れる
  4. パソコンのまわりの風通しが良くなるようにして、パソコン内部の温度が上がり過ぎないようにする
  5. 2〜3年に一回、できれば1年に一回はパソコン内部の掃除をしてホコリを除去する
  6. 古い液晶を使っている場合は、最近の液晶のほうが省エネ効果が高いので買い換える

 

スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイルス対策の他に必要なセキュリティ対策

パソコンのセキュリティ対策といえば「ウイルス対策」が有名ですが、それ以外にも重要な事がいくつかあります。

「ウイルス対策」だけで安心しきってしまうのではなく、その他の対策もしっかりできているかチェックしてください。

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

ノートパソコンを普段から持ち運んでいる人で割と多いのが、ACアダプタの断線などによる故障です。断線を防ぐための持ち運び方の説明と、それでも故障した時の買い替えについて説明します。

Windows8ロゴ

Windows8.1はスタートボタンが復活するようですが・・・

Windows8のアップデート版のWindows8.1ではスタートボタンが復活するようですが、今までのものとは違って、シャットダウンしたり、コントロールパネルを開いたり、アプリを起動する役割ではなさそうです。

ノートパソコン、デスクトップパソコン、それぞれのメリットとデメリット

パソコンを買い換えるときに、「ノートパソコンとデスクトップパソコンのどっちが良いか?」という質問をよく聞かれるので、それぞれのメリットとデメリットをまとめておきます。また、使用目的に合わせてどちらが良いかも説明します。

パソコンを買って初期設定をしたらついでにやっておくべきこと

パソコンを買ってきて初期設定を終えたら普通にパソコンが使えるようになりますが、後々で困らないようにやっておいたほうが良いことを挙げていきます。

スポンサードリンク