Windowsの使い方

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

投稿日:

日頃からノートパソコンをよく持ち歩く人は、しばらく使っているとACアダプタが故障する場合があります。

故障する人は何度でも故障しているように見えるので、「故障しやすい使い方・故障しにくい使い方」があるのではと思います。

 

目次

 

ACアダプタが傷みやすい持ち運び方

私が今まで観察してきた中で、ACアダプタの故障で一番多いのは、アダプタの付け根部分がよじれて断線しているケースでした。

ACアダプタの付け根

 

故障した人に今までの使い方を聞いてみると、ACアダプタを持ち運ぶときに、ケーブル部分を本体部分にぐるぐる巻きにしていた人が多かったです。

ACアダプタぐるぐる巻き

 

これは想像ですが、ぐるぐる巻きにするときに毎回ケーブルがよじれて、それが何十回・何百回も繰り返されると、度重なるよじれのために断線するのでは、と思っています。

 

ACアダプタが傷みにくい持ち運び方

ぐるぐる巻きにしないでACアダプタを持ち運ぶのが良いです。

ただ、コードを束ねないでバラバラした状態で持ち運ぶとカバンの中でグチャグチャになるので、100均で売っている「ケーブルバンド」で束ねていると良いでしょう。

100均のケーブルバンド

ACアダプタ束ねた図

 

故障した時は互換品がオススメ

それでもACアダプタが故障した場合は、メーカーの修理センターから取り寄せることはできますが、取り寄せ期間が1週間ぐらいかかったり、在庫がなかったり、値段が高い場合があります。

しかし、ちょっと大きい家電量販店に行けば、互換品のACアダプタがバッファロー・エレコム・サンワサプライといった国内有名周辺機器メーカーから出ていますので、そこから選ぶのがオススメです。
また、アマゾンから購入も可能です。

値段は、純正品の半額〜7割ぐらいです。

各メーカーの機種対応表のリンクを以下に張っておきます。

バッファロー | ノートPC用ACアダプタ 

エレコム | ノートPC用ACアダプタ 

サンワサプライ | ノートPC用ACアダプタ

スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

使いにくいWindowsノートPCのタッチパッドは、MacBook風の設定で快適になる

このページでは、Windows 10のノートパソコンのタッチパッドの設定を、標準の状態から「ひと手間」かけることで、MacBookのような快適な使い勝手にする方法を説明します。

このページの記事は、次の2種類のいずれかに当てはまる人には、特に便利な情報です。

【1】. 今までMacBookシリーズを使ってきたが、そのうちコスパが良くて重量も軽いWindowsノートに乗り換えも考えているものの、どうしてもMacBookのトラックパッドの快適さは捨てられない人。
【2】. すでにWindows 10のノートPCを使っているが、持ち歩きにマウスが手放せないのをなんとかできないかと思っている人。

Windows8ロゴ

Windowsノートパソコンのスリープ後の復帰で、速度が異常に遅い対処法

家や事務所でWindowsのノートパソコンをACアダプタにつないで使い、フタを閉じてスリープにして外出先に持ち出した時に、フタを開いて使おうとした時に異常に速度が遅くて困ったことはありませんか?

ネットで色々調べてみるとレジストリをいじったり、パソコンのファームウェアをアップデートしたり、UEFI(BIOS)の設定を変更してみるといった対応方法がありますが、誰でもできるもっとカンタンな解決方法を紹介します。

結論から言うと、「Windowsの電源オプションで、スリープを使わず、休止状態を使う」ということなります。

レジストリやファームウェアやUEFIの方法をやってもうまく行かなくて疲れた人、事情があってパソコンを修理に出す時間がない人は、ぜひこのページの方法をやってみてください。

パソコンを買って初期設定をしたらついでにやっておくべきこと

パソコンを買ってきて初期設定を終えたら普通にパソコンが使えるようになりますが、後々で困らないようにやっておいたほうが良いことを挙げていきます。

Windows XP のサポート終了が近いが、使い続けて問題があるか?

Windows XP のサポートが2013年4月9日に終了します。それ以降もXPのパソコンを使い続けても問題があるのでしょうか?あるとしたらどんな問題か、また対処法や、買い替えのオススメについて説明します。

パソコンが遅いときはメモリが少なすぎるかも

「パソコンの動きが遅くなったかな?」と思ったら、次の順番で確認してみましょう。1.メモリが不足してないか、2.HDDの残り容量が少なくなってないか。

スポンサードリンク