Windowsのアプリ

エクセルやワードやホームページを無料でPDFで保存する方法

投稿日:

ここ数年で、企業や役所のホームページから配布する資料がPDFに変わってきています。

個人ではPDFで文書を作るメリットはないと思う人もいるでしょうが、特にメールに添付する時などにとても便利な場合があります。

そこで、無料でPDFを作る方法の説明をします。

 

目次

 

PDFで保存するメリット・デメリット

メリット

  • 元がエクセルでもワードでもインターネットでも何であっても、PDF表示ソフトがあれば表示・印刷できる
  • メール添付で相手に送る文書では、PDFが最も無難(エクセルやワードの専用のソフトがなくても表示できる)
  • Windows Vista/7/8では、特別なソフトの追加なしで表示・印刷ができる
  • PDF内の文字は検索ができる
  • ホームページなど常に変化する画面をPDFで保存しておけば、その瞬間の状態が保存できる(履歴を取って時系列で比較もカンタン)
  • 元のソフトがエクセル・ワード・パワーポイント・ホームページ等バラバラであっても、1つのPDFファイルにまとめられる

 

デメリット

  • 編集ができない
  • 画像は劣化が起きる
  • Windows XPでは表示するのにPDF表示ソフトをインストール必要がある
  • PDFを作成する専用のソフトをインストールしないとPDFの作成はできない
  • 元のエクセルなどのファイルサイズよりもPDFファイルは大きくなる

 

無料でPDFを作成する方法

Windows

標準機能ではPDFを作成できないので、フリーソフトの「PrimoPDF」を使います。

世界で大人気のPDF無料作成ソフト「PrimoPDF」

このソフトを入れるとプリンター一覧に「PrimoPDF」が表示されますので、印刷先をここに指定するとPDFが作成出来ます。

 

Mac

Macは、OS Xになってからは標準でPDFを作成・表示・印刷する機能がついています。

PDFファイルをダブルクリックすれば表示されます。

また、Safariやエクセルなどのソフトの印刷画面からPDFを作成することができます。

 

Windows XP にはPDFを表示するソフトが必要です

ここではPDF開発元が出している、いわば純正の「Adobe Reader」と、別メーカーから出している「PDF-XChange Viewer」を紹介します。

どちらかを選べと言われたら、後者のほうが動作が軽く、文字の書き込み等もできるので、こちらがオススメです。

 

PDFの開発元のアドビ社の「Adobe Reader

Adobe Reader をダウンロードする

 

PDF表示だけでなく文字の書き込みもできるフリーソフト「PDF-XChange Viewer」

PDF-XChange Viewer の公式ページ

PDF-Xchange Viewer のダウンロード直リンク

スポンサードリンク

-Windowsのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

YouTubeからクリック1発でiTunesに取り込み

YouTubeやニコニコ動画をiTunesに取り込んでiPodやiPhoneで聞く・見るための一番簡単なソフトが、「Craving Explorer」です。無料ソフトです。

無料ウイルス対策の新定番「Microsoft Security Essentials」

Windowsのウイルス対策は、「Microsoft Security Essentials」がオススメです。その理由は、無料にもかかわらずシンプルな機能に絞っているので、しっかりウイルス対策してくれるにもかかわらず、動作がとても軽いからです。

使いやすくて無料のPDF作成と編集ソフト

PDFを作成できるソフトと、PDFに編集をして文字や丸い図形などを書き込んだりできるソフトを紹介します。どちらもフリーソフトです。

Simplenoteのアイコン

Evernoteの動作が遅いと思ったら「Simplenote」で爆速で同期メモ

パソコンやiPhoneでデータを同期してくれるメモアプリのEvernoteはとても便利で愛用している人も多いと思います。しかし、メモが多くなると起動に時間がかかったり、目的のメモを探すのに時間がかかってしまいます。

無料でカンタンに外出先からiPhone/iPadで家のパソコンの操作・・・TeamViewer

iPhoneやiPadからWindowsやMacを操作できる、無料で設定がカンタンなアプリを紹介します。

スポンサードリンク