iPhoneとiPadの周辺機器

「自炊」が格段にスピードアップ・・・安価な裁断機を買おう

投稿日:

iPadなどのタブレット端末が発売されてから、従来からの本を裁断して電子化する「自炊」がモバイラーの間で流行っています。

何を隠そう私は3年ほど前からドキュメントスキャナScanSnapを購入していて自炊を300冊ほどコツコツとやっていたのですが、本を裁断するときにはカッターナイフを使っていました。これはコストがかからなくていいのですが、本を5冊ほど解体したら腕が疲れてなかなか”しんどい”作業ではありました。

今年の初めあたりに何の気なしにAmazonをうろついていたら、made in Chinaの格安の裁断機が売っているではないですか。今まで裁断機は安くても3万円台はしていたのが、1万円前後です。あまりの安さに怪しさを感じ、ここ半年ほどレビューが上がるのを見ていたのですが、”安くてそこそこ使える”ことがわかり、つい2ヶ月ほど前にポチちました。

その裁断機が我が家に着いたときに、業務用コピー機の箱ぐらいはあろうかという箱の大きさにまずおどろき、箱の中の裁断機の大きさにも驚きました。

しかし、この裁断機を購入してからは、1日10冊もラクラクできるようになり、今ではスキャナの処理速度の遅さにイライラしているぐらいです。

結論。

設置場所さえ確保できるなら、絶対買い。
自炊の裁断作業が超イージーモードになる。
ただし、刃が殺人的に危険なので、小さなお子様がいる家庭は保管場所をよく考えること。

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

カテゴリ:オフィス用品

発売日:2012-02-20


自炊した書籍のスキャンは、長らく歴史と実績のあるScanSnapシリーズのドキュメントスキャナがオススメです。

値段が4万前後もするので、プリンタとくらべて高い周辺機器ですが、プリンタと違って2年おきぐらいに数千円の消耗品を交換するだけで、壊れるまで何年も使えますので、長い目で見ると決して高い買い物ではないと思います。

私も、ドキュメントスキャナを購入するまではだいぶ悩みましたが、買ってからは良かったと思っています。

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

定価:¥ 52,687

Amazon価格:¥ 39,800

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-11-30


スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

買い替えて持ち歩かなくなった古いiPadの第二の人生の送り方

iPadが出始めた頃に買って、その後にもっと軽いiPad miniやiPad Airなどに乗り換えている人も多いと思います。新しいiPad末を買うと古い方はすっかり使わなりますが、そんな古いiPadを有効活用する方法を紹介します。

iPadのメモアプリ用に最適なタッチペンを比較検証してみた

iPadのメモアプリを使う時に最適なタッチペンを7種類で比較検討。iPad miniでは今まで使いやすかったタッチペンでも反応が悪くなるケースが多い。

iPhone/iPadの保護シートの気泡の追い出し方

iPadやiPhoneの保護シートを貼ったときに、どうしても入ってしまった気泡の追い出し方です。

AmazonのLightningケーブルのUSB端子

アマゾン印のiPhone/iPad用のLightningケーブルを買ってみた

アマゾンから出している、アップルの認証ICチップを採用したLightningケーブルをポチって使ってみたレポートを載せます。

AppleTVとiPhoneでどこでも映画館

iPhoneやiPadを持っていて大画面テレビで映画などを見るのが好きな人は、AppleTVをオススメします。かさばらないので出先にも持って行きやすく、ネット経由で自宅の動画も再生出来ます。

スポンサードリンク