iPhoneとiPadの周辺機器

「自炊」が格段にスピードアップ・・・安価な裁断機を買おう

投稿日:

iPadなどのタブレット端末が発売されてから、従来からの本を裁断して電子化する「自炊」がモバイラーの間で流行っています。

何を隠そう私は3年ほど前からドキュメントスキャナScanSnapを購入していて自炊を300冊ほどコツコツとやっていたのですが、本を裁断するときにはカッターナイフを使っていました。これはコストがかからなくていいのですが、本を5冊ほど解体したら腕が疲れてなかなか”しんどい”作業ではありました。

今年の初めあたりに何の気なしにAmazonをうろついていたら、made in Chinaの格安の裁断機が売っているではないですか。今まで裁断機は安くても3万円台はしていたのが、1万円前後です。あまりの安さに怪しさを感じ、ここ半年ほどレビューが上がるのを見ていたのですが、”安くてそこそこ使える”ことがわかり、つい2ヶ月ほど前にポチちました。

その裁断機が我が家に着いたときに、業務用コピー機の箱ぐらいはあろうかという箱の大きさにまずおどろき、箱の中の裁断機の大きさにも驚きました。

しかし、この裁断機を購入してからは、1日10冊もラクラクできるようになり、今ではスキャナの処理速度の遅さにイライラしているぐらいです。

結論。

設置場所さえ確保できるなら、絶対買い。
自炊の裁断作業が超イージーモードになる。
ただし、刃が殺人的に危険なので、小さなお子様がいる家庭は保管場所をよく考えること。

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

PLATA 大型ペーパー断裁機 PC009

カテゴリ:オフィス用品

発売日:2012-02-20


自炊した書籍のスキャンは、長らく歴史と実績のあるScanSnapシリーズのドキュメントスキャナがオススメです。

値段が4万前後もするので、プリンタとくらべて高い周辺機器ですが、プリンタと違って2年おきぐらいに数千円の消耗品を交換するだけで、壊れるまで何年も使えますので、長い目で見ると決して高い買い物ではないと思います。

私も、ドキュメントスキャナを購入するまではだいぶ悩みましたが、買ってからは良かったと思っています。

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

定価:¥ 52,687

Amazon価格:¥ 44,930

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-11-30


スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大量の書類の保管には、ドキュメントスキャナで電子化がオススメ

書類をたくさん扱う人は自宅や職場でスキャナを使って書類の電子化を検討する場合もあるかと思います。 そこで、スキャナを使った文書の電子化のメリット・デメリットや電子化の方法について説明します。

AppleTVとiPhoneでどこでも映画館

iPhoneやiPadを持っていて大画面テレビで映画などを見るのが好きな人は、AppleTVをオススメします。かさばらないので出先にも持って行きやすく、ネット経由で自宅の動画も再生出来ます。

アマゾンで1500円で買った激安モバイルバッテリを3ヶ月使ってみた感想

外出中にiPhoneのバッテリが30%ぐらいになることがたまにあるので、保険の意味で激安のバッテリをアマゾンで買ってみました。

タッチペン

セリアで見つけたタッチペンがiPad miniでとても書きやすい

以前、iPad miniで使いやすいタッチペンを検証する記事を書きましたが、もっと安くて書きやすいものを発見したので紹介します。しかも、黒のボールペン付きなので、紙にメモを取ることもできます。

AmazonのLightningケーブルのUSB端子

アマゾン印のiPhone/iPad用のLightningケーブルを買ってみた

アマゾンから出している、アップルの認証ICチップを採用したLightningケーブルをポチって使ってみたレポートを載せます。

スポンサードリンク