Macの周辺機器 Windowsの周辺機器

小ぶりのワイヤレスマウスのおすすめLogicool M215

投稿日:

以下の記事で紹介しているマウス「M215」は現在販売終了になっています。

操作感が近く、値段もほぼ同じ、後継機種とも言える「M185」を現時点ではオススメします。

Logicool M215

—–

ノートパソコンといっしょに持ち歩ける、小ぶりで軽くて手首に負担がかからないマウス、それがLogicoolのM215です。単三電池1本で動くので、コード付きマウス並みの軽さと、コードレスならではのとりまわしの便利さがうれしい。

実売で1,500円前後、家電量販店でワイヤレスマウスとしては相場価格の半額ぐらいなので、「どんなもんかな」と興味本位で買ってみましたが、とても使いやすいです。

出来の悪いワイヤレスマウスにありがちな、カーソルの「動く」「止まる」「曲がる」がワンテンポ遅れるとか、そういった気持ち悪さは全くないです。

動かしたいときにスッと動く、止めたいところにキッチリ止まります。ということで、カーソルの操作感はコード付きマウスと同レベルと思います。

LOGICOOL ワイヤレス 光学式 3ボタン ブルー M185BL

LOGICOOL ワイヤレス 光学式 3ボタン ブルー M185BL

定価:¥ 1,419

Amazon価格:¥ 1,155

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2011-08-12



…..

SONYの笹かまマウス

ちなみに今まで持ち歩き用で使っていたマウスは

  • SONY VGP-BMS30    (オプチカル式)
  • SONY VGP-BMS33    (レーザー式)

この2つのマウスは読み取り方式が違うだけでデザインは全く一緒、「笹かまぼこ」みたいな形でした。トータルで10年近くは使ってたと思います。そんくらい気に入ってた。

奇抜なデザインにも関わらず手のひらにすっぽりおさまるので使いやすかったんですが、単三電池2本使用ということで長時間使い続けると手首がしんどくなってました。

スポンサードリンク

-Macの周辺機器, Windowsの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マルチモニターのススメ

外部モニターを2画面使う「マルチモニター」は一度使うと仕事の効率化がとても感じられるので、元の1画面に戻れなくなると言います。そこで、マルチモニターのメリット・デメリットや導入方法の説明をします。

AppleTV

AppleTVを使ってMacでトリプルディスプレイをやってみた

Mac OS X 10.9 Mavericksで、Apple TVを使った「AirPlayミラーリング」が使えるようになりました。そこで、すでにマルチディスプレイを使っているのので、さらにトリプルディスプレイを使ってみました。

MocreoのBluetooth受信機のコストパフォーマンスが素晴らしい

Mocreoという無名メーカーの2千円弱のBluetoothレシーバーのコストパフォーマンスが素晴らしかったので紹介します。iPhoneやXperiaで音楽を聞く時にヘッドフォンをワイヤレス化したかったのですが、値段以上の使いやすさと音質でした。

USBメモリのおススメは?= SONYイチオシ

私のイチオシのUSBメモリはSONYです。その理由はノック式で使いやすいからです。

外付けのApple SuperDriveをMacBook AirやMac mini以外で使う方法

Appleの外付けDVDドライブ「Apple Super Drive」は、MacBook Airと一部のMacでしか使えません。今回、お客さんから問い合わせのあったMacBook Pro Late 2008 15インチで動かすことに成功したので、手順を紹介します。

スポンサードリンク