Macのアプリ

Mac OS X 10.8 Mountain Lionをインストールしてみた感想

投稿日:

先日リリースされた、Mountain Lionを入れてみた。

手持ちの数台のMacのうち、MacBook Air Mid 2011(11インチ)、MacBook Late 2008アルミ(13インチ)、Mac mini Mid 2011(Core i5)の3台に入れてみた。

感想を一言で言えば、「よりiOS、iCloudとの連携が自然になったOS X」です。
iPhoneやiPadなどのiOS機器を持っていない/連携をしない人は、あえてバージョンアップするメリットはありません。

Lionで動いていたソフトは今のところすべて動いています。
そういう意味では、真新しさは皆無ですが、バージョンアップでの動作にはシビアにならなくても良さそうです。

…..

以下、<便利と思ったもの><微妙とおもったもの>を箇条書きにしました。

<便利と思ったもの>

  • カレンダーの「更新」がなくなった・・・iCloudで自動更新するからいらないってか?更新のタイミングも早くなった。
  • iMessageでMacからiPhone/iPadにメッセージの送受信ができるようになった。
  • Macの音声をAirPlayでApple TVやAir Mac Expressに送信できる・・・radikoをコンポのスピーカで聞く
  • 通知センターはタッチパッドの外側から2本指でタッチパッドの内側にスライドすると表示
  • 通知センターでメッセージやメールの通知がすぐにわかるようになった

<なんだか微妙と思ったもの>

  • AirPlayでミラー・・・TVにマックの画面を写す機会がない。プレゼンにはいいかも。
  • 連絡先のレイアウトが微妙に見づらくなった
OS X Mountain Lion (Version 10.8.4) App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700
デベロッパ名: Apple
リリース日: 2012/07/25
対応デバイス: 無し
現Ver.の平均評価: (4 / 23件の評価)
通算の平均評価: (4 / 1,063件の評価)
Game Center: 非対応
 
スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macのスクロール動作をタッチパッドとマウスを別々に設定できるソフト – Scroll Reverse

MacはOS X の10.7 Lionから標準のスクロール方向がトラックパッドにあわせて今までと逆になりました。従来通りマウスを使う時は、正直、ものすごくストレスです!そこで、「Scroll Reverse」というフリーソフトを入れましょう。

Macのファインダーでタブを実現するソフト XtraFinder

Macではファイルのコピーや移動をするときにファインダーFinderを使いますが、MacBookなどノートの画面ではとてもやりにくいです。そこでFinderにタブを追加して操作性を大きく改善するソフトが「XtraFinder」です。

Macユーザの仕事集中を助けるアプリ – Minutes

仕事中にネットサーフィンで寄り道して、あっという間に時間が経っていたという経験を持っている人は多いのでしょうないでしょうか。そんな時は、仕事の集中をサポートする、キッチンタイマー的にセットされた時間が経つと音と振動で知らせてくれるソフトを紹介します。

Macでマウスのカーソルが小さくて見づらい時の解決法

Macを使っている時、特にiMacなど画面が大きい時に、マウスのカーソルが見づらい時があります。 そこで、Macの標準機能と、アプリを使った2つの方法で、マウスカーソルを見やすくする方法を紹介します。

Macに「Google日本語入力」を入れてしばらく使ってみた感想

Macの日本語入力は標準でインストールされている「ことえり」を使っている人が殆どで、仕事上で日本語入力が多い人は「ATOK」を使っている人も多いです。3年前にGoogleからリリースされた「Google日本語入力」を3年ぶりに試してみたところ、かなり使える印象を持ちましたので紹介します。

スポンサードリンク