Macのアプリ

Mac OS X 10.8 Mountain Lionをインストールしてみた感想

投稿日:

先日リリースされた、Mountain Lionを入れてみた。

手持ちの数台のMacのうち、MacBook Air Mid 2011(11インチ)、MacBook Late 2008アルミ(13インチ)、Mac mini Mid 2011(Core i5)の3台に入れてみた。

感想を一言で言えば、「よりiOS、iCloudとの連携が自然になったOS X」です。
iPhoneやiPadなどのiOS機器を持っていない/連携をしない人は、あえてバージョンアップするメリットはありません。

Lionで動いていたソフトは今のところすべて動いています。
そういう意味では、真新しさは皆無ですが、バージョンアップでの動作にはシビアにならなくても良さそうです。

…..

以下、<便利と思ったもの><微妙とおもったもの>を箇条書きにしました。

<便利と思ったもの>

  • カレンダーの「更新」がなくなった・・・iCloudで自動更新するからいらないってか?更新のタイミングも早くなった。
  • iMessageでMacからiPhone/iPadにメッセージの送受信ができるようになった。
  • Macの音声をAirPlayでApple TVやAir Mac Expressに送信できる・・・radikoをコンポのスピーカで聞く
  • 通知センターはタッチパッドの外側から2本指でタッチパッドの内側にスライドすると表示
  • 通知センターでメッセージやメールの通知がすぐにわかるようになった

<なんだか微妙と思ったもの>

  • AirPlayでミラー・・・TVにマックの画面を写す機会がない。プレゼンにはいいかも。
  • 連絡先のレイアウトが微妙に見づらくなった
OS X Mountain Lion (Version 10.8.4) App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700
デベロッパ名: Apple
リリース日: 2012/07/25
対応デバイス: 無し
現Ver.の平均評価: (4 / 23件の評価)
通算の平均評価: (4 / 1,063件の評価)
Game Center: 非対応
 
スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでWindowsのOutlookメールの拡張子msgファイルを開くアプリ

WindowsのMicrosoft Officeに入っているメール・スケジュール管理ソフトのOutllokのメールのうち、何通かMacで読みたい時の方法を説明します。

MacのTimeMachineの時間を自由に設定できるソフト – TimeMachineEditor

Macの自動バックアップ機能、TimeMachineは便利は便利なんですが、1時間ごとにバックアップが動くので、その間はMacの速度が遅くなってイラつくこともあります。
そんなときには、TimeMachineのバックアップ間隔を自在に設定できるフリーソフト「TimeMachineEditor」をインストールしましょう。

Macのメールの文字化けをほぼ完璧に防げます。

Macに最初から付いているメールソフトはオシャレでとっても使いやすいのですが、ちょくちょく文字化けが起きるので、仕事用のメールには使えないなあ、と思った方には良い解決法があります。

iPhoneからMac経由でどんなプリンタでも印刷可能にするツール – handyPrint

Appleが作った規格でAirPrintというのがあります。iPhoneやiPadから無線経由でプリンタに接続する、とても便利な規格ですが、まったく普及していません。そこで、手持ちのプリンタをAirPrintモドキにして使えるようにするソフトを紹介します。

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

複数のパソコンやスマホやタブレットを使っている人は、DropBoxを使うと全ての機器で完全自動でデータの同期をしてくれるので、どの機器でどこでも同じデータを読み出したり編集作業を続けることができます。

スポンサードリンク