Macのアプリ

Macの空き容量を作るフリーソフト#2 – Monolingual

投稿日:2013年2月20日 更新日:

先日の記事「MacのSSDの空き容量を作るフリーソフト – DiskWave」に加えて、Macの空き容量を作る別の方法を紹介します。今回もフリーソフトを使います。

Mac OS Xの不要な言語ファイルやPower PC用ファイルを削除するMonolingualというソフトです。

 

以下、簡単な使い方の説明です。

1) Monolingualを起動すると、初期状態では「Language」という画面が表示されます。

Mac OS Xは全世界対応OSなので、かなりの言語ファイルが初期設定時にインストールされています。

絶対に使わないことがわかっている言語ファイルは削除してもよいのですが、外国製のフリーソフトを入れた時やフォントファイルに影響が出たら厄介なので、ここはなにもいじらずに「Architecture」の画面に切り替えてやります。

monolingual_01

 

2) 今回のMacはOS X 10.8 Mountain Lionなので、Power PCのソフトは実行できません。

よって、ARM、PowerPC、PowerPC G3、PowerPC G4、PowerPC G4+、PowerPC G5、PowerPC 64-bit、PowerPC G5 64-bitに削除対象を示すチェックマークを付けた状態にして、右下のボタン「削除」を押してやります。

monolingual_02

 

3) 削除中。。。しばらく待ちます。

monolingual_03

 

4) 削除が完了すると、以下の画面のように「xxxMB」など、削除できた容量が表示されます。

今回のMountain LionのMacでは328.3MBが削除できました。

monolingual_04

スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでradikoやコミュニティFMを聞き流すのにベストなアプリはradikoro

Macで作業中に、RadikoやコミュニティFMを気軽に聞き流したい、録音とか難しい機能はいらないから、なるべく使い方がわかりやすいのがいい、といった人にピッタリな無料アプリが「Radikoro」です。

iPhoneからMac経由でどんなプリンタでも印刷可能にするツール – handyPrint

Appleが作った規格でAirPrintというのがあります。iPhoneやiPadから無線経由でプリンタに接続する、とても便利な規格ですが、まったく普及していません。そこで、手持ちのプリンタをAirPrintモドキにして使えるようにするソフトを紹介します。

MacにiPhoneをつないだ時に勝手にiPhotoが起動するのを止める方法

MacユーザーでiPhoneを使っていると、iPhoneをMacにつなぐたびに「重たい」iPhotoが起動してしまうことがあります。これをやめさせる方法は簡単なので、図解付きで説明します。

Macの画像キャプチャソフトSkitchがEvernote連携で最強に便利になった!

MacでEvernoteを使っている人は、画像キャプチャソフトの「Skitch」もぜひともインストールしましょう!
Macの画面のスクリーンショットを撮ったり、取り込んだ画像のトリミングをすると、Evernoteの自動的に保存してくれるので、とっても便利です。

オススメの無料の年賀状作成ソフト

年末年始に、パソコンで年賀状を作る人も多いと思いますが、無料のシンプルで使いやすい年賀状作成ソフトがあるので紹介します。
ソフトの名前は「はがきデザインキット」で、郵便局がネットで配布しています。

スポンサードリンク