Macの使い方

OS9が起動できるMacのシリーズやモデルナンバー

投稿日:2013年9月10日 更新日:

Macでメインに使われるOSがOS9からOS Xに切り替わって10年ほどになります。

しかし、印刷関係やデザイン業界を中心に、まだまだOS9でないと仕事にならないところもあります。

私もたまに聞かれるのですが、「古いMacが壊れたんだけど、OS9が起動できるMacない?」という質問。

そこで、オークションや中古屋でOS9が起動できるMacを探すときに役に立つリストを作りました。

なお、拡張がSCSIのみでUSBが搭載されていないものは、あまりにも古くてハードディスクの交換などメンテナンスが実質不可能に近いので除外しました。

目次

デスクトップ(一体型)

iMac G3

iMac G3

iMac G3

透明ボディー(トランスルーセント)で一世を風靡した、おにぎり型の元祖iMacです。

とても多くのカラーバリエーションがあります。

すべてOS9起動可能です。

 

iMac G4 Flat Pannel

iMac G4 フラットパネル

iMac G4 フラットパネル

G4で画面が液晶になった、通称「大福」とか「ひまわり」と呼ばれいているiMacです。

2002年に発売されたモデルのみ、OS9で起動可能です。

OS9起動可能なモデルナンバーは「M8672J/A」「M7677J/A」「M8535J/A」「M8812J/A」の4つで、15インチと17インチの2種類あります。

モデルナンバーは本体底面の円周上に刻印されています。

後継機の2003年モデルからはOS9起動できません。

 

eMac

eMacの外観

eMac

iMac G3の画面を17インチに大きくして、本体の色を白にしたような外見です。

2002年に発売された、一番最初のモデルのみOS9で起動可能です。

OS9起動可能なモデルナンバーは「M8577J/A」です。

後継機の2003年モデルからはOS9起動できません。

eMacのモデルナンバーの調べ方は、以下のリンク先をご覧ください。

eMacのシリアル番号とモデルの確認方法(アップルのサポートページが開きます)

 

デスクトップ(セパレート型)

Power Mac G4 Cube

Power Mac G4 Cube

Power Mac G4 Cube

名前が表す通り、四角いボディが印象的なG4 Cubeは、OS9起動可能です。

 

Power Macintosh G3

PowerMac G3 B&W

PowerMac G3 B&W

通称「ポリタンク」と呼ばれるボディを採用したPower Mac G3。

外見上の特徴である透明の白と青のボディから「ブルー・アンド・ホワイト」と呼ばれています。

この機種はOS9起動できます。

 

Power Mac G4

Power Mac G4は多くのモデルがあってわかりにくいのですが、OS9起動可能モデルかどうかは、外見で判断すれば間違いがないです。

  1. 正面がブルー・グリーンぽい色で、CD/DVDドライブのフタが上下ぴったり隣り合ってる・・・元祖Power Mac G4
  2. 全体的にグレー・シルバーっぽい色で、CD/DVDドライブのフタが上下ですこし離れている・・・Quick Silver
  3. CD/DVDドライブのフタが鏡のように光っていて、正面の下に4つの穴がある・・・Mirrored Drive Doors
  4. 外見はMirrored Drive Doorsと全く一緒だが、バックパネルにFireWire800の端子がある・・・FireWire800

 

1. 元祖Power Mac G4

元祖Power Mac G4

元祖Power Mac G4

すべてOS9起動可能

 

2. Quick Silver

Power Mac G4 Quick Silver

Power Mac G4 Quick Silver

すべてOS9起動可能。

 

3. Mirrored Drive Doors

Power Mac G4 Mirroed Drive Doors

Power Mac G4 Mirroed Drive Doors

すべてOS9起動可能。

 

4. Power Mac G4 FireWire 800

Power Mac G4 FireWire 800のバックパネル

Power Mac G4 FireWire 800のバックパネル

このPower Mac G4だけ、唯一OS9起動ができません!

外見上は、先の「Mirrored Drive Doors」と全く一緒です。

唯一違うのは、バックパネルにFireWire 800のコネクタが付いていることです。

FireWire800のコネクタは四角いですが、400は台形(?)のような形をしています。

FireWire800のコネクター

FireWire800のコネクター

FireWir400のコネクター

FireWir400のコネクター

 

ノートブック

iBook G3

iBookG3 クラムシェル

iBookG3 クラムシェル

iBookG3

iBookG3

iBook G3は、大きく分けて「クラムシェル型」と「ホワイト」の2種類ありますが、どちらもすべての機種でOS9起動可能です。

 

iBook G4

外見上はIbook G3ホワイトと全く一緒ですが、OS9起動できるモデルはありません。

iBook G3とG4の外見上の見分け方は、CD/DVDドライブがトレイが出てくるのがG3、スロットローディングがG4です。

 

Power Book G3

すべての機種でOS9起動可能です。

 

Power Book G4

チタン製のPower Book G4は、すべての機種でOS9起動可能です。

アルミ製は2003発売の15インチのみOS9起動可能です。

OS9起動可能なアルミ製Power Book G4の対象モデルナンバーは、「M8859J/A」「M8858J/A」の2つだけです。

チタンとアルミの見分け方は、背面に拡張ポートがある方がチタン、側面に拡張ポートがあるのがアルミです。

Power Book G4チタンの背面

チタンの背面

Power Book G4アルミの側面

アルミの側面

 

スポンサードリンク

-Macの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macがシステム終了・再起動できない時の対処法

Macを使っていると、普通ならできる「システム終了」「再起動」ができなくて困ることがあります。この現象が何回も出る時はリカバリをして根本解決をするべきなのですが、とりいそぎ対処したい時の解決法を説明します。

2台のMacでリモート接続する方法(自宅内LAN、外出先から)

Macでは、2台のMacを簡単な設定だけでリモート操作することができます。

自宅内でも外出先からでもどちらでもOKです。

何年かMacを使っていると2台以上になるので、メインマシンでないMacはリモート接続で有効活用してあげましょう!

Macの無線LANを無料で速く出来るかもしれない方法

アップル製のAirMacシリーズを親機にしてMacやiPadやiPhoneで無線LANを使っている人は、5GHzの周波数を使う設定ができれば、追加投資なしで無線の速度を倍ぐらいに上げられます。この記事では対応機種の一覧と、設定方法を説明します。

MacBook Late 2008のトラックパッドのクリック不能を自分で修理

足掛け5年近く使っているMacBook Late 2008のトラックパッドのクリックが全くできなくなっていたのを、ネットで調べて自分で直すことができました。作業は10分程度。アルミのMacBook Pro/Airでも応用できそうです。

Macが起動しない・調子が悪いときはPRAMクリアをやってみる

Macが起動しなくなったり音が出なくなったり、調子が悪くなったら修理に出す前に「PRAM
クリア」をやってみましょう。これで治る事もあります。

スポンサードリンク