*

エクセルやワードが入ってないパソコンで一時的に使う方法

公開日: : 最終更新日:2013/12/17 Windowsのアプリ

USBメモリで持ち運べるエクセルとワードの互換ソフト

エクセルやワードが入っていないパソコンでこれらのソフトで作成したファイルを開く必要がある時があります。

そんな時には、USBメモリに入れておけば、どのパソコンでも使える持ち運び型のエクセル・ワードの無料の互換ソフトを使いましょう。

 

目次

 

持ち運び型のエクセル・ワード互換ソフトの紹介

ソフトの名前は、「LibreOffice Portable」です。

名前を聞いたことはないかもしれませんが、出所がわからない怪しいソフトではなく、Linuxのように世界中のプログラマーがボランティアで開発している信用できるソフトです。

ウィキペディアにも記載があります。(ウィキペディアのLibreOfficeのページを開く

さらに、フランス政府や日本の徳島県庁や会津若松市役所や久喜市役所といった公共団体でも導入例も多いです。

余談ですが、無料だが出所がわからない怪しいソフトをむやみにインストールすると、個人情報を盗まれたり、架空請求の画面が出ることがあるので注意して下さい。

 

メリット

  • 無料
  • あらかじめエクセルやワードやパワーポイントが入っていないパソコンでも、これらの文書を開いたり編集や保存ができる
  • マイクロソフト・オフィスの2003までの操作方法に似ているので、2007以降の操作に違和感がある人には使いやすい
  • オフィス2003までのファイル形式(xlsやdocやppt)と、2007から後のファイル形式(xlsxやdocxやpptx)の両方ともに読み書きができる
  • 特に追加のソフトを入れなくてもPDFでの保存ができる
  • マイクロソフト・オフィスだと企業用の高価なパッケージにしか入っていない、データベースとビジネス描画ソフトが最初から入っている

 

デメリット

  • USB2.0対応のUSBメモリだと、インストールに20分以上かかったり、インストール後に使う時の起動が1分ぐらいかかって遅い
  • 互換ソフトなので、どうしても微妙なレイアウトのくずれがある場合もある(実用には問題無いと思います)
  • データベースソフトとビジネス描画ソフトのファイルの互換性がなかったり制限付き
  • エクセルのマクロやVBAは動かない

 

稼働条件

  • Windows XP/Vista/7/8
  • インストール先としてUSBメモリまたは外付けハードディスクの空き容量が400MBほど必要
  • USB3.0対応のパソコン本体とUSBメモリまたは外付けハードディスクを推奨(読み書き速度の改善のため)

 

パッケージ内容

マイクロソフト・オフィスとLibreOfficeを比較表にまとめました。

分類 マイクロソフト・オフィス LibreOffice Portable 備考
 表計算ソフト エクセル Excel カルク Calc ファイル互換性が高く、LibreOfficeでオフィスの形式のファイルを読み書きできる
 ワープロソフト  ワード Word  ライター Writer
プレゼンテーション パワーポイント PowerPoint インプレッション Impression
データベース アクセス Access ベース Base 両者のファイルの互換性は全くない
 ビジネス作図 ビジオ Visio ドロー Draw ビジオで作ったファイルをドローで取り込むことは可能だが、逆はできない

 

ダウンロード先

画面の写真と併用して説明します。

1) 公式サイトのダウンロードページで、2つ並んでいるダウンロードボタンの左側「Download 4.1.1」(数字の部分はバージョンによって変わります)をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ちなみに、左側のダウンロードしたものに日本語も含まれているので、右側の「All Languages」を選ぶ必要はありません。

LibreOffice Portable公式 ダウンロードページ

 

LibreOffice Portableのダウンロードページ

 

USBメモリへのインストール方法

2) パソコンにUSBメモリを接続します。

パソコンに接続されたUSBメモリ

 

3) ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、LibreOffice Portableのインストールを開始します。

LibreOffice Portableのインストール実行ファイル

 

4) インストールが開始したら基本的には画面の指示通りなのですが、インストール先をUSBメモリに指定するところを間違えないようにして下さい

画面写真を一つづつ掲載しますので、インストール先の指定をするところでは特に慎重にして下さい。

LibreOffice Portableのインストールの確認画面

 

5) 英語で「Please select a language for the installer.」と表示が出て、下に「日本語」となっていたら、そのまま「OK」ボタンをクリックします。

これは、インストールの時に使用する言語を選ぶ設定です。(説明が日本語で表示されます。)

LibreOffice Portableのインストール言語の確認画面

 

6) 「このウィザードではLibreOffice Portableのインストールをご案内します。」と出てきたら、インストールを開始する確認の画面なので、そのまま下にある「次へ」ボタンをクリックします。

LibreOffice Portableのインストールの最終確認画面

 

7) 「コンポーネントを選んで下さい。」の表示ができてたら、何も変更せずに、そのまま下の「次へ」ボタンをクリックします。

LibreOffice Portableのインストールコンポーネントの選択画面

 

8) ここからの設定が重要です。(インストール先をUSBメモリに設定するため。)

「インストール先を選んでください。」の表示が出たら、右にある「参照」ボタンをクリックします。

LibreOffice Portableのインストール先の設定画面1

 

9) 「フォルダの参照」の画面が出るので、インストール先としてUSBメモリを指定します

LibreOffice Portableのインストール先の設定画面2

 

10) 以下の画面の例では、インストール先にUSBメモリのEドライブの4GB-SONYを指定しています。

人によってはEドライブでなくDドライブやFドライブや別の名前になっています。

指定したら、下にある「OK」ボタンをクリックします。

LibreOffice Portableのインストール先の設定画面3

 

11) 「インストール先を選んで下さい」の画面に戻り、自分が設定したインストール先のUSBメモリになっているかを確認します

正しく反映されていたら、下にある「インストール」ボタンをクリックします。

LibreOffice Portableのインストール先の設定画面3

 

12) インストールが始まり、インストール実行中の画面が出るので、しばらく待ちます。(20〜30分ぐらい)

LibreOffice Portableのインストール実行中の画面

 

13) インストール完了画面が出たら、「完了」ボタンをクリックして閉じます。

インストールはここまでで完了です。

LibreOffice Portableのインストール完了画面

 

基本的な使い方

14) LibreOffice PortableをインストールしたUSBメモの中にある、「LibreOffice Portable」という名前のフォルダをダブルクリックして開きます。

 LibreOffice Portableを起動する1

 

15) アイコンが幾つかありますが、「LibreOfficePortable」というアイコンをダブルクリックして、LibreOfficeのメニュー画面を起動させます。

その他の「LibreOfficeCalcPortable」などのアイコンは、メニュー画面を起動せずに、直接表計算ソフトなどを起動する時に使えます。

 LibreOffice Portableを起動する2

 

16) LibreOffice Portableのメニュー画面が起動されたら、必要に応じて「表計算ドキュメント」などをクリックします。

試しにここでは、表計算を起動してみます。

  LibreOffice Portableを起動する3

 

17) 表計算ソフトが起動しました。

 LibreOffice Portableを起動する4

 

説明は以上です。

 

この記事に関連したオススメ商品

この記事で紹介したソフト、LibreOffice Portableを快適に使うには、可能であれば、USB3.0対応のパソコンやUSBメモリや外付けハードディスクを使うことをオススメします。

USBメモリは沢山の種類が発売されていて選ぶのに迷ってしまいますが、ここでは読み書きの速度が早いUSB3.0対応で、値段がリーズナブル、日本メーカー製の以下の商品をオススメします。

東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB 純正品 並行輸入品 パッケージ品 UHYBS-032G

東芝 TOSHIBA USBメモリ32GB 純正品 並行輸入品 パッケージ品 UHYBS-032G

Amazon価格:¥ 1,136

カテゴリ:Personal Computers


ポータブルハードディスクでデータを持ち運びする場合には、あらかじめUSB3.0対応のポータブルディスクにLibreOffice Portableをインストールしておくと、接続先のパソコンでスグに使えて便利です。

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDPE-UT1.0

I-O DATA HDD ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDPE-UT1.0

定価:¥ 15,768

Amazon価格:¥ 8,166

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-04-30


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★ この記事に質問やメッセージを残す ★

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

Simplenoteのアイコン

Evernoteの動作が遅いと思ったら「Simplenote」で爆速で同期メモ

パソコンやiPhoneでデータを同期してくれるメモアプリのEvernoteはとても便利で愛用

記事を読む

pdf-128

使いやすくて無料のPDF作成と編集ソフト

ちょっと前まではWindowsでPDFファイルを作ろうと思ったら有料のソフトしかなかったんですが、今

記事を読む

windowslivewriter128

Windows用のブログ作成ソフトのWindows Live Writerをインストールしてみた

Windowsでブログを書く時に便利、と多くのブロガーさんが賞賛していた「Windows Liv

記事を読む

TeamViewerPx150

無料でカンタンに外出先からiPhone/iPadで家のパソコンの操作・・・TeamViewer

外出先から自宅のWindows/Macを操作する方法としては、10年程前からVPNやらSSHやら

記事を読む

HagakiDesignKit128

オススメの無料の年賀状作成ソフト

年末年始の年賀状を作るときに、パソコンで年賀状を作る人も多いと思いますが、無料のシンプルで使いやすい

記事を読む

スポンサードリンク
GoogleMusicPx370Px370
Mac用Google Play Music互換プレーヤーをいくつか紹介

2015年9月から日本でもサービス開始となったGoogle P

SurfacePro3Px256
Surface 3を買って1ヶ月、外出用マシンとして使って気づいた点いろいろ

6月下旬に発売されたSurface 3をほぼ1ヶ月ほど使ったの

CinemaDisplayPx128
MacBook Pro 15 Retina 2013/2015にDELLのP2715Qをつなぐ時のコツ

MacBook Pro 15 retina Late 2013

TextEditingPx128
Androidで用紙サイズが自由な手書きメモ「Papyrus」が使いやすい

今までiPadの手書きメモアプリ「Notability」を使っ

HeadphonePx128
MocreoのBluetooth受信機のコストパフォーマンスが素晴らしい

Mocreoという無名メーカーの2千円弱のBluetoothレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑