iPhoneとiPadのアプリ

iPhone内の音楽から指定時間でプレイリストが作成できるアプリ

投稿日:

iPhoneで音楽を聞いている人は多いと思いますが、曲の入れ替えがめんどくさいこともあり、似たような曲ばかり聞いて飽き飽きするときがあります。

そんな時は、iPhone内の音楽を指定した再生時間で自動的にプレイリストを作って、そのリストからそのまま再生可能なアプリの「MusicTime」を使ってみてください。

iPhoneにもともと入っているミュージックアプリと同様に、iPhone横の音量ボタン、ヘッドフォンで曲飛ばしや一時停止などが操作出来ますので、置き換えアプリとしても使えます。

さらに、再生時間でプレイリストが作れることを利用して、次のような使い方もできます。

  • 電車の乗り過ごし防止
  • 時間を決めた勉強や仕事のBGM

また、この記事を書いている、2013/06/07現在では170円の有料アプリですが、iPhoneとiPadの両方で使えるユニバーサル・アプリなので、ライセンスが1つあればiPhone/iPad関係なく使えてオトクです。

 

目次

 

ダウンロード先

MusicTime App

カテゴリ: ミュージック

価格: ¥170

 

起動直後/再生中の画面の説明

起動直後の画面

Musictime 01

 

再生時間の設定

画面の一番上にある「Created xxx minutes TimeTracks」のxxxの部分に再生時間の数字が入っています。

その下の「ー」「+」ボタンをタップして、再生時間の設定をします。

再生時間を変更すると、すぐにプレイリストを作りなおしてくれます。

 

アルバム一覧の表示

画面の右側にある青色の「>」ボタンをタップすると、再生リストのアルバム一覧が表示されます。

Musictime 03

 

再生中の画面

Musictime 02

 

詳細設定画面の説明

詳細設定画面では、次のようなことができます。

  • 特定のジャンルの除外/特定のジャンルのみ(どちらも、一つでも複数でも指定可能)
  • 指定した再生時間未満は除外する/除外しない
    → Minimum track duration
  • 再生リストのトータルの時間の〜%以上の曲は除外する/除外しない
    → Track duration percentage
  • 過去の再生回数が少ない曲を除外する/除外しない
    → Prefer lower skip counts
  • 自分が設定したレート(なし〜★★★★★まで)を考慮する/考慮しない
    → Include user ratings un track selection

Musictime 04

Musictime 05

Musictime 06

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneで使えるIP電話、050plusとFUSIONを比較してみた

スマホで050で始まる番号を持てるIP電話サービスとしては、NTTコミュニケーションズの「050plus」とフュージョン・コミュニケーションズの「FUSION IP-Phone SMART」があります。 今回、両者を試してみた結果を掲載します。

外出先のiPhoneから自宅PC内の音楽/動画を再生 – Quik.io

外出先から、ネット経由で自宅のPCから動画と音楽をストリーミング再生できる「Quik.io」というソフトを紹介します。インストール方法や設定方法についても図解付きで説明します。

iPhone版Googleマップがキター!

ついにGoogle純正のiPhone用のGoogleマップがリリースされました!使ってみた感想を一言で言うと、「すべてのiPhoneユーザはインストールしましょう!」

Noteshelfでノートの新規作成など01

iPadの手書きメモアプリNoteshelfのノートの新規作成方法

iPadの手書きメモアプリ「Noteshelf」の「ノートの新規作成方法」や「既存のノートの名前の変更方法」について図解で説明します。

このアプリはとても使いやすいのですが、ノートの新規作成など独特でクセがあってわかりにくいので詳しく説明します。

iPadのカレンダーがイマイチと思ったらオススメのアプリ

iPdの標準アプリのカレンダーのイマイチなところを改善した、置き換え用のアプリの紹介です。週の始まりを月曜にする、スクロールなしで予定をすべて表示、予定のコピ&ペーストが簡単、など盛り沢山です。

スポンサードリンク