*

WordPressでAkismetの設定をしてるのにスパムコメントが減らない人へ

公開日: : 最終更新日:2014/12/09 WordPress

WordPressアイコン

WordPressを使いはじめて頭を悩ますのが「スパムコメント対策」です。

WordPressでは初期設定の時に「Akismet」というプラグインが入っていて、これを有効にして設定を完了しておけば「ある程度のスパムコメン対策」はできますが、実際には「ホントにAkismetって効果あんの???」ってぐらいスパムコメントだらけになってきます。

そこで、私が今まで使ってみた「対スパムコメント」プラグインで「最も効果があった」と思ったものを、「どれぐらい効果があったか」とあわせて紹介します。

 

目次

  1. プラグインの紹介
  2. どんなしくみでスパムコメント対策をしているのか?
  3. これが私のオススメの設定方法です!
  4. 実際に半年使って、これだけ効果がありました!
  5. この記事に関連するオススメの商品

 

1. プラグインの紹介

プラグインの名前は、「SPAM-BYEBYE」というものです。

次のWordPressの公式サイトからダウンロード・インストールできます。

または、WordPressのダッシュボード画面から、プラグインのインストールで検索も可能です。

以下の画面のように、プラグインの検索のキーワードに「spam-byebye」と入力して「プラグインの検索」ボタンをクリックします。

プラグインの検索

 

2. どんなしくみでスパムコメント対策をしているのか?

以下にSPAM-BYEBYEの設定画面のキャプチャ画像を貼りました。 スパムコメントの判断基準ですが、設定画面の下の方に「チェック項目設定」というのが13項目並んでいます。

この中には、「日本語が含まれていない – 名前欄」では「加算ポイント20」などあり、項目に該当するポイントを合計していって、「スパムと判定する閾値(しきいち)」を超えたらスパムと扱うようになっています。

実際に導入してみて状況を見ながら、「チェック項目設定」を自分で調整することが可能です。

さらに、「SPAM-BYEBYEの開発者はなかなかうまく考えてるなあ」と思うのは、複数の「チェック項目設定」でスパム判定をしているので、判定ミスが少なくなるように工夫されているところです。

 SPAM-BYEBYEの設定の説明

 

3. これが私のオススメの設定方法です!

そのまま使ってもスグに効果を実感できると思いますが、設定の中のNGワードの加算ポイント50のところに、私は今までスパムコメンでよく書き込まれていたブランド名の「フェラガモ」「グッチ」「プラダ」を追加しています。

私のサイトはIT関連情報なのに、全然関係ないブランド品のスパムコメントが書かれまくっていたので、ブランド名を「NGワード」に設定してわけです。

なお、実際にどういったNGワードを追加するかは、今までサイトに書き込まれたスパムコメントを元にして決めて下さい。

Spam-ByeByeの設定

 

4. 実際に半年使って、これだけ効果がありました!

私が運用しているWordPressのサイトは2つあって、あわせて1日3,000PV、月間90,000PVと、そこそこのトラフィックなのですが、「Spam-ByeBye」を入れる前はスパムコメントが1日に10から20ぐらいありました。

しかし、このプラグインを入れてからは、半年でたった4つのスパムコメントしか書き込まれなくなりました。

また、一般的にはプラグインを入れ過ぎると表示速度が遅くなったり、他のプラグインとの相性がありますが、このプラグインではそういったことがないのでとても満足しています。

「Spma-ByeBye」は私が自信を持ってオススメするプラグインです。

 

5. この記事に関連するオススメの商品

WordPressのプラグインの書籍の紹介です。

WordPressの中級者以上の方は、よく使うプラグインが固定化してきたり、プラグインが必要な時はネット検索で対応できますが、WordPress初心者の方には「どんなことができるプラグインがあるか」を知る上で、やはり書籍はまとまった情報源ということで価値があると思います。

以下の書籍は初心者の方がパソコンの脇に置いてちょっと調べて見るにはレベル的にも値段的にも丁度良いと思います。

プロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典

著者/訳者:相原 知栄子 一戸 健宏 鳥山 優子 西川 伸一 服部 久純 星野 邦敏 松田 千尋 吉澤 富美 大串 肇 大島 義裕 大曲 仁 北村 崇 小島 勝茂 後藤 賢司 染谷 昌利 高野 直子 高橋 文樹

出版社:エムディエヌコーポレーション( 2013-03-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,376

単行本 ( 208 ページ )

ISBN-10 : 4844363298

ISBN-13 : 9784844363293


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

★ この記事に質問やメッセージを残す ★

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

記事はありませんでした

スポンサードリンク
GoogleMusicPx370Px370
Mac用Google Play Music互換プレーヤーをいくつか紹介

2015年9月から日本でもサービス開始となったGoogle P

SurfacePro3Px256
Surface 3を買って1ヶ月、外出用マシンとして使って気づいた点いろいろ

6月下旬に発売されたSurface 3をほぼ1ヶ月ほど使ったの

CinemaDisplayPx128
MacBook Pro 15 Retina 2013/2015にDELLのP2715Qをつなぐ時のコツ

MacBook Pro 15 retina Late 2013

TextEditingPx128
Androidで用紙サイズが自由な手書きメモ「Papyrus」が使いやすい

今までiPadの手書きメモアプリ「Notability」を使っ

HeadphonePx128
MocreoのBluetooth受信機のコストパフォーマンスが素晴らしい

Mocreoという無名メーカーの2千円弱のBluetoothレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑