Macのアプリ

Macのファインダーでタブを実現するソフト XtraFinder

投稿日:

Finderからxtrafinderへ

Macのファイル操作は「Finder」を使って行いますが、ファイルのコピーや移動をする時は画面を2つ表示して横に並べる必要があるので、画面の広いデスクトップはまだしも、ノートでは画面が狭いために非常にやりにくいです。

そこで、標準の「Finder」にブラウザのようなタブを追加してファイル操作をやりやすくするフリーソフト「XtraFinder」の紹介です。

 

目次

 

使ってみた感想

良い点

  • 狭いノートの画面でも操作しやくなるように、よく考えられている
  • フリーソフトで無料
  • 割と安定しているのでフリーズはまだない

 

悪い点

  • 特に見当たらない

 

インストール方法

ソフトの開発元のホームページにアクセスして、左下の「Download」をクリックしてXtraFinderのインストール用ファイルをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、ダブルクリックしてからインストールを行います。

XtraFinderの開発元のホームページを開く

 

Xtrafinderのダウンロード先

 

操作方法

一番良く使うであろうファイル操作の「ファイルの移動」を画面で説明します。

 

1) コピー元と、コピー先の2つのフォルダが、それぞれタブで表示されている状態にします。

タブの追加は、タブの左はしの「+」をクリックします。

XtraFinderのインストール直後

 

2) 今回は「書類」フォルダの中のファイルを「アプリケーション」フォルダに移動します。

「書類」フォルダの中の移動させたいファイルを、ドラッグしたまま「アプリケーション」タブに持っていきます。

XtraFinderでファイル移動の開始

 

3) ドラッグしたまま1秒ぐらいすると、移動先である「アプリケーション」フォルダの中が表示されます。

XtraFinderでファイル移動先のタブにドラッグアンドドロップ

 

4) フォルダの中でドラッグしたのを離してドロップします。

そうすると、そこにファイルが移動されます。

XtraFinderでファイル移動先のタブが自動で開く

 

以上がファイルの移動の操作方法です。

 

環境設定について

XtraFinderをインストールすると、Macのメニューバーにアイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックすると、環境設定が行えます。

Xtrafinderがメニューバーに表示される

 

細かく設定できる項目がありますので、色々と調べてみてください。

Xtrafinderの環境設定1

Xtrafinderの環境設定2

Xtrafinderの環境設定3

スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

LANにつながっているデバイスとそのIPアドレスをカンタンに調べる方法

LANネットワークにつながっているパソコンやスマホなどの一覧表を出して、それぞれのIPアドレスをカンタンに調べられる方法を説明します。

Windows/Mac/iPhone、それぞれ無料のアプリを1つインストールするだけでカンタンに調べられます。

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

複数のパソコンやスマホやタブレットを使っている人は、DropBoxを使うと全ての機器で完全自動でデータの同期をしてくれるので、どの機器でどこでも同じデータを読み出したり編集作業を続けることができます。

MacのDVD/CDのコピーソフトBurnのダウンロード方法 – 補足説明

「MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn」のダウンロード方法について、詳細に説明したページを用意しました。

MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn

Macでは標準「ディスクユーティリティ」でDVD/CDのコピーやバックアップを取れるのですが、やり方がややこしてわかりくいので、フリーソフト「Burn」を使ってカンタンにバックアップを取る方法を説明します。

MacでWindowsのOutlookメールの拡張子msgファイルを開くアプリ

WindowsのMicrosoft Officeに入っているメール・スケジュール管理ソフトのOutllokのメールのうち、何通かMacで読みたい時の方法を説明します。

スポンサードリンク