Macのアプリ

Macの不要ソフトを削除して速度を改善する

投稿日:2011年4月20日 更新日:

Mac OS Xをインストールしてから2−3年使い続けると速度が遅くなることがあります。そんな時はまず第一にメモリが少ないかどうかを確認すべきですが、メモリが多くても遅い場合はどうすれば良いか。

今までにインストールしたけどもほとんど使ってないソフトがあれば、それを削除したら速くなる場合があります。

削除する時は設定ファイルも含めて、関連するファイルを根こそぎ削除するのが速度改善のポイントです。使い勝手にすぐれた「AppCleaner」というフリーソフトがあるので、それを使いましょう。

AppCleanerをダウンロードする

スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでradikoやコミュニティFMを聞き流すのにベストなアプリはradikoro

Macで作業中に、RadikoやコミュニティFMを気軽に聞き流したい、録音とか難しい機能はいらないから、なるべく使い方がわかりやすいのがいい、といった人にピッタリな無料アプリが「Radikoro」です。

AppStoreHelperを複数のアフィリエイト先を切り替えて使う方法

アフィリエイトをしていてMacを使っている人には、とても便利なツールがAppStoreHelperです。このソフトが本来想定しているアフィリエイトサイトが一つでなく、複数サイトであってもカンタンにアフィリエイトリンクが作成できる方法を紹介します。

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

複数のパソコンやスマホやタブレットを使っている人は、DropBoxを使うと全ての機器で完全自動でデータの同期をしてくれるので、どの機器でどこでも同じデータを読み出したり編集作業を続けることができます。

Macユーザの仕事集中を助けるアプリ – Minutes

仕事中にネットサーフィンで寄り道して、あっという間に時間が経っていたという経験を持っている人は多いのでしょうないでしょうか。そんな時は、仕事の集中をサポートする、キッチンタイマー的にセットされた時間が経つと音と振動で知らせてくれるソフトを紹介します。

iPhoneユーザの行動記録をマップ表示するiPhone Tracker

iPhoneをMacにつないで使っている人は、iPhone Trackerというフリーソフトで今までの行動記録がグーグルマップに表示されます。

スポンサードリンク