iPhoneとiPadの使い方 Macのアプリ

MacにiPhoneをつないだ時に勝手にiPhotoが起動するのを止める方法

投稿日:

MacユーザーでiPhoneを使っていると、iPhoneをMacにつなぐたびに「重たい」iPhotoが起動してしまうことがあります。これをやめさせる方法は簡単。次の手順通り設定してください。


1) アプリケーションの中にある「イメージキャプチャ」を起動する。

2) iPhoneをMacに接続する。 そうすると、iPhoneが認識されて左上の「デバイス」に表示される。この時にiPhotoが同時に起動するので、iPhotoは終了させる。

image_capture_01

 

3) 左下にある ▲のアイコンをクリックする。

image_capture_02

 

4) 中にある設定が「iPhoto.app」になっているので、「割り当てなし」に変える。

image_capture_03

image_capture_04

 

5) 以上で設定完了。

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの使い方, Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacのTimeMachineの時間を自由に設定できるソフト – TimeMachineEditor

Macの自動バックアップ機能、TimeMachineは便利は便利なんですが、1時間ごとにバックアップが動くので、その間はMacの速度が遅くなってイラつくこともあります。
そんなときには、TimeMachineのバックアップ間隔を自在に設定できるフリーソフト「TimeMachineEditor」をインストールしましょう。

Macのメールの文字化けをほぼ完璧に防げます。

Macに最初から付いているメールソフトはオシャレでとっても使いやすいのですが、ちょくちょく文字化けが起きるので、仕事用のメールには使えないなあ、と思った方には良い解決法があります。

Mac OS X 10.8 Mountain Lionをインストールしてみた感想

OS X 10.8 Mountain Lionを2008年〜2011年までのCore2DuoやCore i5のMacBookやMacBook AirやMac miniにインストールしてみた感想です。Core2DuoのMacBookは2008年モデルで、Mountain Lionのインストール可能の対象Macの一番古いやつですが、どうでしょうか。

MacのiTunes10.6.3のアップデートに失敗したときの解決法

MacのiTunesをソフトウエア・アップデートでバージョンアップするときに、「アップデートiTunesをインストールできません。」というエラーが出るときの解決方法です。

見ているだけでも楽しい、歴代アップル製品のカタログ的アプリ – MacTracker

アップルがこれまで発売してきたすべてのMac、OS、iPodを始めとした製品、その他にプリンタや無線機器などが詳しい仕様も見られるカタログ的なアプリ「MacTracker」を紹介します。

スポンサードリンク