iPhoneとiPadの使い方 Macのアプリ

MacにiPhoneをつないだ時に勝手にiPhotoが起動するのを止める方法

投稿日:

MacユーザーでiPhoneを使っていると、iPhoneをMacにつなぐたびに「重たい」iPhotoが起動してしまうことがあります。これをやめさせる方法は簡単。次の手順通り設定してください。


1) アプリケーションの中にある「イメージキャプチャ」を起動する。

2) iPhoneをMacに接続する。 そうすると、iPhoneが認識されて左上の「デバイス」に表示される。この時にiPhotoが同時に起動するので、iPhotoは終了させる。

image_capture_01

 

3) 左下にある ▲のアイコンをクリックする。

image_capture_02

 

4) 中にある設定が「iPhoto.app」になっているので、「割り当てなし」に変える。

image_capture_03

image_capture_04

 

5) 以上で設定完了。

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの使い方, Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macのファインダーでタブを実現するソフト XtraFinder

Macではファイルのコピーや移動をするときにファインダーFinderを使いますが、MacBookなどノートの画面ではとてもやりにくいです。そこでFinderにタブを追加して操作性を大きく改善するソフトが「XtraFinder」です。

無料でカンタンにWindowsやMacの間でリモート接続する方法

最近、Google Chromeを使うと、どんなWindowsやMacであっても、無料でとてもカンタンにリモート接続出来るようになったので、その方法をアップします。数時間使ってみましたが、マウスやキーボードなどの操作で、明らかに遅れた反応動作速度はなく、普通に実用レベルだと感じました。

MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn

Macでは標準「ディスクユーティリティ」でDVD/CDのコピーやバックアップを取れるのですが、やり方がややこしてわかりくいので、フリーソフト「Burn」を使ってカンタンにバックアップを取る方法を説明します。

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

複数のパソコンやスマホやタブレットを使っている人は、DropBoxを使うと全ての機器で完全自動でデータの同期をしてくれるので、どの機器でどこでも同じデータを読み出したり編集作業を続けることができます。

iPhoneのホームボタンの反応が悪くなった時は。。。

iPhoneはホームボタンを酷使するので、しばらく使っていると反応が悪くなることがあります。こういった時の解決法を紹介します。

スポンサードリンク