iPhoneとiPadの使い方 Macのアプリ

MacにiPhoneをつないだ時に勝手にiPhotoが起動するのを止める方法

投稿日:

MacユーザーでiPhoneを使っていると、iPhoneをMacにつなぐたびに「重たい」iPhotoが起動してしまうことがあります。これをやめさせる方法は簡単。次の手順通り設定してください。


1) アプリケーションの中にある「イメージキャプチャ」を起動する。

2) iPhoneをMacに接続する。 そうすると、iPhoneが認識されて左上の「デバイス」に表示される。この時にiPhotoが同時に起動するので、iPhotoは終了させる。

image_capture_01

 

3) 左下にある ▲のアイコンをクリックする。

image_capture_02

 

4) 中にある設定が「iPhoto.app」になっているので、「割り当てなし」に変える。

image_capture_03

image_capture_04

 

5) 以上で設定完了。

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadの使い方, Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneユーザの行動記録をマップ表示するiPhone Tracker

iPhoneをMacにつないで使っている人は、iPhone Trackerというフリーソフトで今までの行動記録がグーグルマップに表示されます。

Macのスクロール動作をタッチパッドとマウスを別々に設定できるソフト – Scroll Reverse

MacはOS X の10.7 Lionから標準のスクロール方向がトラックパッドにあわせて今までと逆になりました。従来通りマウスを使う時は、正直、ものすごくストレスです!そこで、「Scroll Reverse」というフリーソフトを入れましょう。

Macのメールアプリに「Herald」という拡張機能でメール処理がはかどる

Macを使っていてメールが来た時に、メールアプリの画面に切り替えず、メールの内容を見たり、返信や転送を書いたり、ゴミ箱やアーカイブに振り分けられる、無料で便利な拡張機能(プラグイン)を紹介します。

MacでWindowsのOutlookメールの拡張子msgファイルを開くアプリ

WindowsのMicrosoft Officeに入っているメール・スケジュール管理ソフトのOutllokのメールのうち、何通かMacで読みたい時の方法を説明します。

MacのSSDの空き容量を作るフリーソフト – DiskWave

Mac内臓のHDDやSSDが容量不足になりそうな時は、フリーソフトでどのフォルダの容量が大きいかを調べて、外付けHDDに移せたり不要なデータの消去をしましょう。 その時に便利なフリーソフト「DiscWave」を紹介します。

スポンサードリンク