Windowsの使い方

パソコンを買って初期設定をしたらついでにやっておくべきこと

投稿日:2013年7月28日 更新日:

パソコンを買ってきて初期設定を終えたら普通にパソコンが使えるようになりますが、後々で困らないようにやっておいたほうが良いことを挙げていきます。

 

目次

 

マイクロソフト・オフィスをインターネット認証する&オフィス再インストールCDを保管しておく

マイクロソフト・オフィス(エクセル・ワード・パワーポイント)がインストールされたパソコンでは、最初にエクセルなどを立ち上げた時に「プロダクトキーを入れてください」と言ってきます。

そこで、パソコン本体の付属品にCDが入った白い封筒がありますので、そこに貼り付けられた黄色いラベルに書かれた「プロダクトキー」を入力して、インターネットで認証登録してやります。

場合によっては、白い封筒ではなく、白い薄い紙製のケースの場合もあります。

このCDは、「オフィス再インストール用CD」です。

この「プロダクトキーをして、ネット認証をする」作業をして始めて、オフィスのライセンス認証が完了します。

この認証作業を行わないと、30日経過した時点でエクセル等が起動できなくなります。

Office2010Envelope

オフィス再インストール用のCDが入った封筒

 

インターネット接続のIDとパスワードを控えておく

パソコン購入と合わせてインターネット回線の契約をした場合は、インターネット回線の業者から「ネット接続をするためのIDとパスワードが書かれた書類」が郵送されてきているはずです。

この書類は、何らかの理由でインターネット接続をやり直す場合には必要になりますので、絶対になくさないでください。

どういう時に必要になるかと言うと、ルーターを買い換えた時、インターネット業者からレンタルしている回線機器(モデム・ルーター・CTU・ONUなど)が故障した時、メールソフトの設定をする時、などです。

 

リカバリーディスクを作成しておく

昔のパソコンはリカバリーディスクが付属していましたが、最近は付属していることは稀です。

しかし、リカバリーディスクがないと、パソコンの調子が悪い時にハードディスクからリカバリーをとしても、リカバリー用のプログラムが壊れていて、リカバリーができないことが結構あります。

ハードディスクからリカバリーができないとなると、パソコンメーカーに修理を依頼することになります。(メーカー修理代は安くて1万円、状況によって5万)

リカバリーディスクを作成するためにはDVDが5〜6枚、時間として2〜3時間かかりますが、なるべく早いうちに時間を取って、リカバリーディスク作成を絶対にやっておいてください。

太陽誘電製 That's DVD-Rデータ用 16倍速4.7GB 光沢・耐水写真画質ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 DR-47WKY50BN

太陽誘電製 That's DVD-Rデータ用 16倍速4.7GB 光沢・耐水写真画質ワイドプリンタブル スピンドルケース50枚入 DR-47WKY50BN

定価:¥ 3,120

Amazon価格:¥ 12,980

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2008-04-15


作成したリカバリーディスクは、きちんとDVDケースに入れて保管しておきましょう。

Digio2 ツートンカラーCD&DVDケース(24枚収納タイプ) ピンク CD-076-24P

Digio2 ツートンカラーCD&DVDケース(24枚収納タイプ) ピンク CD-076-24P

定価:¥ 864

Amazon価格:¥ 864

カテゴリ:Personal Computers


Windows Updateをやって最新の状態にしておく

買ってきたばかりのパソコンに入っているWindowsは、工場から出荷されて手元に届くまでに時間がかかっているので、最新の状態ではありません。

Windows Updateを実行することにより、主にWindowsのセキュリティの弱い穴の部分を狙ったウイルスやスパイソフトに狙われるの危険性を軽減出来ます。

ちなみに、買ってきたばかりのパソコンだと、100個以上のアップデートがある場合があります。

Windows Upataの具合的な操作方法は、以下のリンク先を御覧ください。

Windows Update利用の手順(マイクロソフト公式サイトが開きます)

 

ウイルス対策ソフトの設定をする

おそらく、買ったばかりのパソコンには、ウイルス対策ソフト(ウイルスバスター、マカフィー、ノートンのいずれか)の30日〜90日間のお試し版が入っていること思います。

Windows 8ならウイルス対策機能を内蔵しているので、ウイルス対策ソフトをインストールされたする必要はありません。

また、Windows 7ならお試し版をアンインストールして、マイクロソフトの無料ウイルス対策ソフトを入れましょう。

ウイルス対策ソフトを複数インストールすることはできません。

詳しくは、以下の関連記事をご覧ください。

ウイルス対策ソフトは何を入れたらよいか迷っている人へのオススメ

この記事に関連するオススメの商品

Windows8になってから、今までのXPやVistaの操作方法が大きく変わって戸惑っている人は多いです。そんな時には、Windows8の操作方法の解説書をパソコンの横において、困ったときには調べてみるのはどうでしょうか。

以下の書籍はタイトルがWindows 8.1となっていますが、ほとんどの部分でWindows 8でも使用可能です。

速効!図解 Windows 8.1総合版 (速攻!図解シリーズ)

著者/訳者:川上 恭子 白鳥 睦 野々山 美紀

出版社:マイナビ( 2013-10-18 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,922

単行本(ソフトカバー) ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4839949174

ISBN-13 : 9784839949174


スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

ノートパソコンを普段から持ち運んでいる人で割と多いのが、ACアダプタの断線などによる故障です。断線を防ぐための持ち運び方の説明と、それでも故障した時の買い替えについて説明します。

パソコンの節電・省エネ対策について

ここ数年のWindows 7や8のパソコンは、XPやVIstaの頃と違い、特に設定をしなくても自動的に節電効果が高くなるようになっています。しかし、少しでも節電効果を上げたい方のために、参考になる記事を書きました。

パソコンが遅いときはメモリが少なすぎるかも

「パソコンの動きが遅くなったかな?」と思ったら、次の順番で確認してみましょう。1.メモリが不足してないか、2.HDDの残り容量が少なくなってないか。

WindowsUpdateがエラー

Windows Updateが何度やってもエラーが出てしまう時の解決法

Windows Updateが何度やっても「他のプログラムを現在インストールしています。数分してから再実行してください。」といったエラーが出る場合の解決法を説明します。   目次 エラー内容 …

Windows XP のサポート終了が近いが、使い続けて問題があるか?

Windows XP のサポートが2013年4月9日に終了します。それ以降もXPのパソコンを使い続けても問題があるのでしょうか?あるとしたらどんな問題か、また対処法や、買い替えのオススメについて説明します。

スポンサードリンク