Windowsの使い方

パソコンが遅いときはメモリが少なすぎるかも

投稿日:

「パソコンの動きが遅くなったかな?」と思ったら、次の順番で確認してみましょう。

  1. 1) メモリ容量が足りているか?
  2. 2) ハードディスクの空き容量が少なくなりすぎていないか?

 

<パソコンが快適に使えるメモリ容量>

バージョン メモリ容量
Windows XP 768MB
Windows Vista 2GB
Windows 7 2GB
Mac OS X 2GB

メモリの写真

スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノートパソコン、デスクトップパソコン、それぞれのメリットとデメリット

パソコンを買い換えるときに、「ノートパソコンとデスクトップパソコンのどっちが良いか?」という質問をよく聞かれるので、それぞれのメリットとデメリットをまとめておきます。また、使用目的に合わせてどちらが良いかも説明します。

ウイルス対策の他に必要なセキュリティ対策

パソコンのセキュリティ対策といえば「ウイルス対策」が有名ですが、それ以外にも重要な事がいくつかあります。

「ウイルス対策」だけで安心しきってしまうのではなく、その他の対策もしっかりできているかチェックしてください。

パソコンが遅い原因がメモリー不足かどうかを確認する方法

パソコンが遅い主な原因のひとつとが、パソコン内部のメモリー不足です。 XPやVistaのパソコンでは特によく起きました。 メモリー不足とはどういう状態なのか、どうやって確認したり、解決すればよいかを説明します。

使いにくいWindowsノートPCのタッチパッドは、MacBook風の設定で快適になる

このページでは、Windows 10のノートパソコンのタッチパッドの設定を、標準の状態から「ひと手間」かけることで、MacBookのような快適な使い勝手にする方法を説明します。 このページの記事は、次 …

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

ノートパソコンを普段から持ち運んでいる人で割と多いのが、ACアダプタの断線などによる故障です。断線を防ぐための持ち運び方の説明と、それでも故障した時の買い替えについて説明します。

スポンサードリンク

サイト内検索