iPhoneとiPadのアプリ

iPhoneで備忘録・アイデアメモ・ライフログ・作業記録を取る方法

投稿日:2013年5月27日 更新日:

この記事の内容は既に無効です。
現在、以下の記事で紹介しているアプリは公開停止しているのでダウンロードはできません。

クラウドメモアプリEverNoteは、iPhone、iPad、Android、Windows、Macとデータを自動同期してくれるので大変便利ですが、起動するのに少々時間がかかります。

最初は、とっさに思いついたアイデアをEverNoteにメモっていたのが、だんだんと面倒くさくなって、最後にはギブアップした人も多いでしょう。

ということで、「どうやったらEverNoteでメモを取るのを続けられるか」の解決法は、「いかに気軽にサクッとメモが取れるか」、がポイントとなります。

この問題の解決法としては、iPhoneなどのモバイルからのメモは、EverNote本体ではなくて連携アプリの「PostEver」を使い、気軽にサクサクと入力ができるようにすることです。

 

目次

 

PostEverのダウンロード先

iPhone用とiPad用でアプリが違うので、両方で使いたい時は別々にダウンロード・インストールする必要があります。

また、iPhone用とiPad用と、それぞれ無料版と有料版があります。

無料版は1日あたり5件までしか入力できないので、実用に耐えません。

私のオススメの流れは、次の通りです。

  1. iPhone無料版でアプリの使い勝手を確認する。
  2. 使えそうだな、と思ったらiPhone有料版を買う。
  3. しばらくiPhone有料版を使ってみて気に入ったらiPad有料版を買う。

 

iPhone版

PostEver Lite – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App

カテゴリ: ビジネス

価格: ¥600

 

iPad版

PostEver Lite for iPad – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App

カテゴリ: 仕事効率化

価格: 無料

PostEver for iPad – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App

カテゴリ: ビジネス

価格: ¥600

PostEverの機能紹介

ここでは、一番良く使うであろう「テキストメモ」「画像添付メモ」の手順を画面で説明します。

 

テキストメモの入力の仕方

1) iPhoneからPostEverを起動すると、いきなり入力画面が表示されます。

画面上半分の方眼紙の部分に文字を入力していきます。

Postever起動直後

 

2) 文字を入れ終わったら、画面の右上にある「送信」をタップすると、EverNoteのメモとして送信されます。

Postever入力した

 

3) 送信中には象さんのアイコンと送信中のメッセージが出ますが、そのまま続けてメモができます。

忘れないうちにどんどんメモできるので「メモしようと思ったことを忘れた!」ということが少なくなりますね!

Postever送信中

 

画像添付メモの入力の仕方

1) 入力画面の真ん中辺りにアイコンが幾つか並んでいますが、右から2番目の山のアイコンをタップします。

Postever送信完了

 

2) iPhone内の写真が表示されますので、添付したい写真をタップします。

Posteverカメラロール呼び出し

 

3) 入力画面に戻ると、さっきタップした山のアイコンが濃い色に変わりました。

続けて、添付画像につけるメモを入力してから、右上の送信ボタンをタップします。

Postever写真添付にメモ追加

 

EverNoteでの表示

EverNoteには、次のルールで自動的にメモが作成されます。

  • ノートブック名;PostEver
  • ノート名;作成日の「年月日」で自動作成。一日あたり1ページ。
  • メモ内容;古いものが下、新しいものが上、の時系列順。
  • GPS情報;メモの「Map」のリンクをクリックするとGoogleマップで場所表示。

Posteverで作成したノート 2

 

PostEverを使った使用例1;アイデアメモ

一番わかりやすい使用例は、「思いついたこと」「忘れたら困ること」「布団の中で思いついたアイデア」などをパパっとメモしておくことでしょう。

 

PostEverを使った使用例2;作業記録

これは私がやっとる使い方ですが、パソコンやサーバの設定をキャプチャしておいて、キャプチャ画像にメモを付けて作業内容を記録しておきます。

こうしておくと、あとで「何月何日何時何分」に、どういった設定を変えたかが時系列で記録されているので、設定変更の影響を調べるときにたいへん役に立っています。

 

PostEverを使った使用例3;旅行アルバム・現場写真

旅行先の写真や仕事の作業場の現場写真をiPhoneで撮る人も多いと思いますが、あとでどこで撮った写真かわからなくなることもあるので、PostEverで撮影した写真にメモを付けて送信しておけば、GPSで位置情報もつくので便利ではないでしょうか。

スポンサードリンク

-iPhoneとiPadのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外出先のiPhoneから自宅PC内の音楽/動画を再生 – Quik.io

外出先から、ネット経由で自宅のPCから動画と音楽をストリーミング再生できる「Quik.io」というソフトを紹介します。インストール方法や設定方法についても図解付きで説明します。

短時間で遊べるポップなデザインのパズルゲーム 「キュムレイター」

1プレイが数十秒ぐらいでできる、ポップな色使いとシンプルな効果音が特徴の無料ゲーム、「キュムレイター」を紹介します。 ブロックを組み合わせてキャラクターを誘導する、ゲームのジャンルでは「パズルゲーム」です。

iPad

iPadとMacで自動同期できる手書きメモアプリ Notability

今までありそうでなかった、iPadとMacでデータの自動同期をしてくれる手書きメモアプリを探している人向けのオススメのアプリを紹介します。アプリの名前は「Notability」と言って有料ですが、その価値は十分あります。

日本地図とラジオ

初期投資1万円ランニングコスト0円で日本全国のRadikoを聞く方法

インターネット配信のRadikoをエリア内外関係なく、初期投資1万円程度だけ支払えば、あとは月額費用などは追加なしで、日本全国どこでも聞きたいラジオ局の放送を聞く方法を紹介します。

クルマの運転のお供に、ボタンが大きくて押しやすい音楽プレーヤー

iPhoneの音楽プレーヤーでカーステレオ代わりに音楽を聞いている人も多いと思いますが、ボタンが小さくて押しにくい時があります。
そんな時は、ボタンが大きくてシンプルな音楽プレーヤーをオススメします。

スポンサードリンク

サイト内検索