Macのアプリ

Macのファインダーでタブを実現するソフト XtraFinder

投稿日:

Finderからxtrafinderへ

Macのファイル操作は「Finder」を使って行いますが、ファイルのコピーや移動をする時は画面を2つ表示して横に並べる必要があるので、画面の広いデスクトップはまだしも、ノートでは画面が狭いために非常にやりにくいです。

そこで、標準の「Finder」にブラウザのようなタブを追加してファイル操作をやりやすくするフリーソフト「XtraFinder」の紹介です。

 

目次

 

使ってみた感想

良い点

  • 狭いノートの画面でも操作しやくなるように、よく考えられている
  • フリーソフトで無料
  • 割と安定しているのでフリーズはまだない

 

悪い点

  • 特に見当たらない

 

インストール方法

ソフトの開発元のホームページにアクセスして、左下の「Download」をクリックしてXtraFinderのインストール用ファイルをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、ダブルクリックしてからインストールを行います。

XtraFinderの開発元のホームページを開く

 

Xtrafinderのダウンロード先

 

操作方法

一番良く使うであろうファイル操作の「ファイルの移動」を画面で説明します。

 

1) コピー元と、コピー先の2つのフォルダが、それぞれタブで表示されている状態にします。

タブの追加は、タブの左はしの「+」をクリックします。

XtraFinderのインストール直後

 

2) 今回は「書類」フォルダの中のファイルを「アプリケーション」フォルダに移動します。

「書類」フォルダの中の移動させたいファイルを、ドラッグしたまま「アプリケーション」タブに持っていきます。

XtraFinderでファイル移動の開始

 

3) ドラッグしたまま1秒ぐらいすると、移動先である「アプリケーション」フォルダの中が表示されます。

XtraFinderでファイル移動先のタブにドラッグアンドドロップ

 

4) フォルダの中でドラッグしたのを離してドロップします。

そうすると、そこにファイルが移動されます。

XtraFinderでファイル移動先のタブが自動で開く

 

以上がファイルの移動の操作方法です。

 

環境設定について

XtraFinderをインストールすると、Macのメニューバーにアイコンが表示されます。

そのアイコンをクリックすると、環境設定が行えます。

Xtrafinderがメニューバーに表示される

 

細かく設定できる項目がありますので、色々と調べてみてください。

Xtrafinderの環境設定1

Xtrafinderの環境設定2

Xtrafinderの環境設定3

スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iMacとフローチャート

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみた

Macで使えるフローチャート・マインドマップ作成ソフトを4種類、「xMind」「FreeMind」「LibreOffice」「OmniGraffle」を比較してみました。 なお、最後の「OmniGraffle」以外は、WindowsやLinux用もあります。

Simplenoteのアイコン

Evernoteの動作が遅いと思ったら「Simplenote」で爆速で同期メモ

パソコンやiPhoneでデータを同期してくれるメモアプリのEvernoteはとても便利で愛用している人も多いと思います。しかし、メモが多くなると起動に時間がかかったり、目的のメモを探すのに時間がかかってしまいます。

AppStoreHelperを複数のアフィリエイト先を切り替えて使う方法

アフィリエイトをしていてMacを使っている人には、とても便利なツールがAppStoreHelperです。このソフトが本来想定しているアフィリエイトサイトが一つでなく、複数サイトであってもカンタンにアフィリエイトリンクが作成できる方法を紹介します。

MacでradikoやコミュニティFMを聞き流すのにベストなアプリはradikoro

Macで作業中に、RadikoやコミュニティFMを気軽に聞き流したい、録音とか難しい機能はいらないから、なるべく使い方がわかりやすいのがいい、といった人にピッタリな無料アプリが「Radikoro」です。

MacのSSDの空き容量を作るフリーソフト – DiskWave

Mac内臓のHDDやSSDが容量不足になりそうな時は、フリーソフトでどのフォルダの容量が大きいかを調べて、外付けHDDに移せたり不要なデータの消去をしましょう。 その時に便利なフリーソフト「DiscWave」を紹介します。

スポンサードリンク

サイト内検索