Macのアプリ WEBブラウザー

Mac版Safariでページ自動更新の拡張機能 – Safari Tab Reloader

投稿日:

MacでSafariを使っていて、ヤフオクの入札やGoogle Analyticsの監視など、自動的にページを更新したい時には、便利な拡張機能があります。

Mac版Safari用の自動更新ができる拡張機能- Safari Tab Reload


以下、簡単な使い方のメモ。 使い方としては、2つのモードがあるので、好みに応じて使い分けましょう。

1) シンプルモード;「30秒、1分、5分などあらかじめ決まった間隔で更新する」

シンプルモードの図

シンプルモードの図

 

2) カスタムモード;「xx時間xx分xx秒ごとに更新を自分の好みで決められる」

カスタムモードの図

カスタムモードの図

 

スポンサードリンク

-Macのアプリ, WEBブラウザー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでWindowsのOutlookメールの拡張子msgファイルを開くアプリ

WindowsのMicrosoft Officeに入っているメール・スケジュール管理ソフトのOutllokのメールのうち、何通かMacで読みたい時の方法を説明します。

iPhoneからMac経由でどんなプリンタでも印刷可能にするツール – handyPrint

Appleが作った規格でAirPrintというのがあります。iPhoneやiPadから無線経由でプリンタに接続する、とても便利な規格ですが、まったく普及していません。そこで、手持ちのプリンタをAirPrintモドキにして使えるようにするソフトを紹介します。

Macのスクロール動作をタッチパッドとマウスを別々に設定できるソフト – Scroll Reverse

MacはOS X の10.7 Lionから標準のスクロール方向がトラックパッドにあわせて今までと逆になりました。従来通りマウスを使う時は、正直、ものすごくストレスです!そこで、「Scroll Reverse」というフリーソフトを入れましょう。

MacにiPhoneをつないだ時に勝手にiPhotoが起動するのを止める方法

MacユーザーでiPhoneを使っていると、iPhoneをMacにつなぐたびに「重たい」iPhotoが起動してしまうことがあります。これをやめさせる方法は簡単なので、図解付きで説明します。

Internet Explorer 9は動作が速くなった!

2011年4月26日に日本語版が正式リリースされた「Internet Explorer 9(IE9)」を手持ちのWindows 7 Home 64bitにインストールしてみたので、その感想です。

スポンサードリンク

サイト内検索