ブログ@yamafd

iPhone・iPad・Android・Mac・Windows・インターネットの便利なワザを紹介

iPhoneとiPadの周辺機器

100均のiPhone5/6用ライトニングケーブルと変換アダプタを試してみた

投稿日:2015年1月30日 更新日:

iPhoneを見ている女性

iPhone付属のケーブルは、何でこんなにちぎれやすいのでしょうか?

買い換える場合は千円-二千円ほどかかってしまうので、最近100均で見つけた、充電専用のケーブルと変換アダプタを使ってみたレビューを公開します。

 

スポンサーリンク

1. 使用上の注意

 

  • ここで紹介しているケーブル・変換アダプタは、アップルの正式な認証を得た商品ではありません。
  • 正式な認証品ではないので、これらのケーブル・変換アダプタを使ったことによる不具合や損害についてはどこも保証しません。自己責任で使用してください。
  • ここで紹介しているケーブル・変換アダプタは、充電専用です。
  • パソコンやMacとつないでiTunesとのデータの同期などはできません。
  • iPhoneと接続して音楽を再生するコンポ等、音声や画像や動画の出力にも対応していません。

以上の注意点が分かった上で「充電専用」ということで割りきって使うのであれば、安くて便利な商品です。

多少でも不具合が起きるのが不安な人は、アップルの認証品のケーブル・変換アダプタを使いましょう。

iPhoneを買った時についてくるケーブルは耐久性が弱くてすぐちぎれてしまいますが、以下の商品はアップルの認証品で、ちぎれにくいことをアピールしている高品質なケーブルです。

 

2. 購入できたケーブルと変換アダプタ、購入可能な100均ショップ

100均のLightningケーブルとアダプタ01

すべての100均のすべての店舗をチェックしたわけではないのですが、私が10店舗ほど回ったところ購入できたのは「ダイソー」と「ミーツ」でした。「キャンドゥ」と「セリア」には置いていませんでした。

 

100均で購入できたのは、上の写真の袋に入った商品、左から

  1. マイクロUSB → ライトライトニング変換アダプタ
  2. 古いiPhoneのDockコネクタ → ライトニン変換アダプタ
  3. ライトニングケーブル

となります。

 

1のマイクロUSBというのは、アップル以外のスマホで標準仕様になっているコネクタです。

以下の写真の左側、平べったいほうがマイクロUSBです。

5年ぐらい前までは、主にデジカメとパソコンをつなぐのにで使われていた、写真の右側のミニUSBが主流でした。

100均ショップでは、未だに右側のミニUSBのケーブルが多く売られているので、間違って買わないようにしましょう。

100均のLightningケーブルとアダプタ01

 

パッケージを見ると、すべての商品が販売元は東京都福生市にある「E Core」という会社でした。

100均のLightningケーブルとアダプタ08

公式サイトもありましたので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

3. 実際に使ってみた

変換アダプタをつけた状態で、iPhoneに標準でついてくるライトニングケーブルと接続部分を比較してみました。

写真の左から、

  1. マイクロUSB → ライトライトニング変換アダプタ
  2. 古いiPhoneのDockコネクタ → ライトニング変換アダプタ
  3. ライトニングケーブル
  4. iPhone標準のライトニングケーブル

となります。

3と4は大きさ的にかなり近いです。

1や2の変換アダプタも、3のライトニングケーブルも値段は一緒なので、なるべく3を使いたいところです。

100均のLightningケーブルとアダプタ04

 

3-1. マイクロUSB → ライトニング変換アダプタ

幅は多少ひろがりますがそこは許容範囲、しかしタテの長さが多少気になります。

iPhoneをスタンド型のところに立てかける場合は、多少工夫が必要そうです。

100均のLightningケーブルとアダプタ03

 

3-2. 古いiPhoneのDockコネクタ → ライトニング変換アダプタ

iPhone下部のスピーカやマイクの穴の幅いっぱいまで広いです。

しかも、幅だけでなく、タテの長さもかなりあります。

スタンド型のところにiPhoneを立てかける場合は、下の部分がじゃまになる可能性大です。

(机やテーブルの上に放置して充電、の方が良いと思います。)

100均のLightningケーブルとアダプタ05

 

3-3. ライトニングケーブル

これはけっこういい感じはないでしょうか?

若干、標準のライトニングケーブルよりも幅がありますが、気になるほどではありません。

充電専用という点をわりきれるなら、これが標準品とおなじ感覚に使えるのでオススメします。

100均のLightningケーブルとアダプタ06

 

3-4. iPhone標準のライトニングケーブル

比較・参考のために、iPhoneを買った時についてくる標準のライトニングケーブルの写真も載せておきます。

100均のLightningケーブルとアダプタ07

 

4. おまけ情報:スマホ・タブレット・ノートパソコンをまとめて充電できる充電器

出張の時に充電器を1台だけにまとめたい時とか、自宅で充電器が多すぎて困っている人は、次のような充電器1台で解決します。

ノートパソコンは最近多くなってきた「USB PD」という、USB TypeCケーブルで充電する機種が対応しています。

 

このページの記事は以上です。

 

スポンサーリンク

20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




-iPhoneとiPadの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

買い替えて持ち歩かなくなった古いiPadの第二の人生の送り方

iPadが出始めた頃に買って、その後にもっと軽いiPad miniやiPad Airなどに乗り換えている人も多いと思います。新しいiPad末を買うと古い方はすっかり使わなりますが、そんな古いiPadを有効活用する方法を紹介します。

大量の書類の保管には、ドキュメントスキャナで電子化がオススメ

書類をたくさん扱う人は自宅や職場でスキャナを使って書類の電子化を検討する場合もあるかと思います。 そこで、スキャナを使った文書の電子化のメリット・デメリットや電子化の方法について説明します。

サイト内検索