Macのアプリ

Macのメールアプリに「Herald」という拡張機能でメール処理がはかどる

投稿日:2015年2月13日 更新日:

ノートパソコンを使う女性

Macを使っていてメールが来た時に、メールアプリの画面に切り替えず、メールの内容を見たり、返信や転送を書いたり、ゴミ箱やアーカイブに振り分けられる、無料で便利な拡張機能(プラグイン)を紹介します。

拡張機能の名前は、「Herald(ヘラルド)」といいます。

多くの人はあまり気にしてないと思いますが、メール処理をするのにいちいちメールアプリ画面に切り替えるのは、つりも積もればかなりの作業効率を落としています。

Heraldを使い始めて1日経てば、この言葉に同意してもらえるはずです。

 

目次

  1. メール拡張機能「Herald」がOS X 標準の「通知センター」よりも優れた点
  2. メール拡張機能「Herald」のダウンロードとインストール
  3. 設定方法
  4. 基本的な使い方

 

1. メール拡張機能「Herald」がOS X標準の「通知センター」よりも優れた点

以下の画面は、新着メールが来た時の、

  • 上がOS X標準の「通知センター」の通知画面
  • 下がメール拡張機能の「Herald」の通知画面

です。

Macメール拡張機能Herald04

Mac OS X 標準の通知センターとHeraldの機能の比較一覧表

OS X標準 通知センター Herald
本文の表示 最初の20文字ぐらい表示 スクロールで全部の表示も可能
ゴミ箱に保存
迷惑メールに保存
返事を書く
転送する
メールを開かずに既読チェックにする

 

この一覧表をみると全ての点でHeraldの方が優れていることが分かります。

 

2. メール拡張機能「Herald」のダウンロードとインストール

PCにダウンロード

メール拡張機能「Herald」は開発者様の公式サイトからダウンロードできます。

 

2-1) ダウンロードした「Herald.zip」という圧縮ファイルをダブルクリックすると解凍されます。

Macメール拡張機能Herald02

 

2-2) 解凍されたフォルダ「Herald」の中に2つのファイルが入っています。

Macメール拡張機能Herald03

 

2-3) 上の画面では左側の黄色い矢印の「Herald Install.app」をダブルクリックするとインストールが始まります。

 

2-4) なお、インストール済みの「Herald」をアンインストール(削除)する場合は、上の図では右側の赤い矢印の「Herald Uninstall.app」をダブルクリックしますので、「Herald」のフォルダごと保存しておきましょう。

 

3. 設定方法

「Herald」には多くのカスタマイズ可能な項目があります。その全てをここで説明するにはスペースが足りないので、ここでは必要最小限のオススメ設定を説明します。

これで機能不足を感じる人は、自分で調べてみてください。

3-1) 「Herald」をインストール完了したら、メールアプリの「環境設定」を開きます。

Macメール拡張機能Herald05

 

3-2)  ①メールの環境設定の上部のアイコンの一番右にある「Herald」をクリックして、②「Appearance」の部分をクリックし、③右下にある「Buttons」に全てチェックマークを入れます。

オススメの最低限度必要な設定は以上です。

設定画面を閉じてください。

Macメール拡張機能Herald06

 

4. 基本的な使い方

新着メールが来た時に表示されるHeraldのポップアップ画面の下の方に並んでいるアイコンの機能の説明をします。

Macメール拡張機能Herald07

上の図の①から⑦までの数字の上にあるアイコンをクリックすることで、次のような操作が可能です。

英語表記 機能を日本語説明
Delete メールを開かずに削除する
Junk メールを開かずに迷惑メールフォルダに移動
Archive メールを開かずにアーカイブフォルダに移動
Reply メールの返事を書く画面を表示する
Forward メールの転送を書く画面を表示する
View In Mail メール本文を大きな画面で表示する
Mark read メールを開かずに既読チェックとする
スポンサードリンク

-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iMacとフローチャート

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみた

Macで使えるフローチャート・マインドマップ作成ソフトを4種類、「xMind」「FreeMind」「LibreOffice」「OmniGraffle」を比較してみました。 なお、最後の「OmniGraffle」以外は、WindowsやLinux用もあります。

Macから書類やホムペをiPhoneに直接PDF保存するソフト – ACTprinter

MacやWindowsで書類を作ったり、ネットでちょっと調べたページを、iPhoneやiPadに直接PDF保存して持ち運びましょう。ネットで調べた時刻表や食べログを保存しておけばとても便利ですよ。

iPhoneユーザの行動記録をマップ表示するiPhone Tracker

iPhoneをMacにつないで使っている人は、iPhone Trackerというフリーソフトで今までの行動記録がグーグルマップに表示されます。

MacのTimeMachineの時間を自由に設定できるソフト – TimeMachineEditor

Macの自動バックアップ機能、TimeMachineは便利は便利なんですが、1時間ごとにバックアップが動くので、その間はMacの速度が遅くなってイラつくこともあります。
そんなときには、TimeMachineのバックアップ間隔を自在に設定できるフリーソフト「TimeMachineEditor」をインストールしましょう。

Simplenoteのアイコン

Evernoteの動作が遅いと思ったら「Simplenote」で爆速で同期メモ

パソコンやiPhoneでデータを同期してくれるメモアプリのEvernoteはとても便利で愛用している人も多いと思います。しかし、メモが多くなると起動に時間がかかったり、目的のメモを探すのに時間がかかってしまいます。

スポンサードリンク

サイト内検索