Windowsのアプリ

xlsx、docx、pptxのファイルを表示・印刷・編集する方法

投稿日:2013年7月19日 更新日:

マイクロソフトのオフィス製品、エクセル・ワード・パワーポイントはバージョンが2007から以降は、それ以前とファイル形式が変更されています。

旧型のオフィスしか持っていないが、メール添付などで新型のファイル形式で送られてきた時に、ファイルを表示・印刷・編集する必要ができた場合に、そのやり方を説明します。

 

目次

 

ファイル形式の違いの話

例えば、「オフィス2003」の中には、「エクセル2003」「ワード2003」「パワーポイント2003」の3種類を含みます。

旧式のファイル形式で作ったファイルは、新型のファイル形式のエクセル・ワード・パワーポイントで表示・印刷・編集することは可能です。

逆に、新型で作ったファイルは旧型では開くことさえできません。

 

旧式のファイル形式

Windows版

  • オフィス2003
  • オフィスXP(=オフィス2002)
  • オフィス2000
  • オフィス97
  • オフィス95

 

Mac版

  • オフィス2004
  • オフィスv.X
  • オフィス2001
  • オフィス98

 

新型のファイル形式

Windows版

  • オフィス2013
  • オフィス2010
  • オフィス2007

 

Mac版

  • オフィス2011
  • オフィス2008

 

ファイルの表示・印刷だけできればよく、編集はしない時

表示・印刷ができる無料のビューアーソフトを入れる

マイクロソフトのホームページからダウンロードしてインストールしてください。

エクセルのビューアーをダウンロードする

ワードのビューアーをダウンロードする

パワーポイントのビューアーをダウンロードする

 

ファイルを編集する必要がある時

すでに旧式のオフィスが入っている場合は、無料の互換機能パックを追加する

マイクロソフトのホームページからダウンロードしてインストールしてください。

Office互換機能パックをダウンロードする

 

オフィスが入っていない場合は、オフィス互換のフリーソフトを入れる

いくつかオフィス互換のフリーソフトがありますが、次の2つが評判が良いです。

どちらが良いかといえばほぼ同じソフトで名前が違うだけなのでどちらでも良いのですが、LibreOfficeの方が若干シェアが高いです。

LibreOfficeをダウンロードする

Apache Open Officeをダウンロードする

この記事に関連するオススメの商品

LibreOfficeなど無料のオフィス互換ソフトの欠点は、操作方法がわからない時に煮詰まることが有ることでしょう。

ネットで検索すればだいたいのことはわかりますが、情報をまとめて手元において参照したい時は書籍に優るものはありません。

実務で使えるLibreOffice

著者/訳者:鎌滝 雅久 松井 幹彦 松宮 哲 玉越 正樹 榎 真治 谷 列樹

出版社:翔泳社( 2012-10-12 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

大型本 ( 480 ページ )

ISBN-10 : 4798127981

ISBN-13 : 9784798127989


スポンサードリンク

-Windowsのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Radikoプレミアム対応、2番組同時録音もできるWindowsソフトRadikool

Radikoプレミアムに対応していて、なおかつ2番組同時録音ができる、現時点で最もオススメのWindows用のRadiko録音ソフトの「Radikool」を紹介します。なんと無料な上に、動作も安定していて、今のところ録音失敗はありません。

RegClean PROについて後編 – 削除アンインストールの方法

「RegClean Pro」というソフトについての説明の「前編・中編・後編」の後編のページです。削除・アンインストール方法と予防法についての説明です。

Windows8にスタートボタンを追加するフリーソフト – ClassicShell

Windos8でなくなった「スタート」ボタンを復活させるためのフリーソフト「Classic Shell」を紹介します。

DropBoxを使えば会社でも家でも外でも作業が続けられる

複数のパソコンやスマホやタブレットを使っている人は、DropBoxを使うと全ての機器で完全自動でデータの同期をしてくれるので、どの機器でどこでも同じデータを読み出したり編集作業を続けることができます。

エクセルやワードが入ってないパソコンで一時的に使う方法

エクセルやワードが入っていないパソコンでこれらのファイルを開く必要がある時があります。 そんな時には、USBメモリに入れておけば、どのパソコンでも使えるエクセル・ワードの無料の互換ソフトを使いましょう。

スポンサードリンク