Windowsの使い方

Windows Updateが何度やってもエラーが出てしまう時の解決法

投稿日:2013年11月25日 更新日:

WindowsUpdateがエラー

Windows Updateが何度やっても「他のプログラムを現在インストールしています。数分してから再実行してください。」といったエラーが出る場合の解決法を説明します。

 

目次

  1. エラー内容
  2. 今回説明するエラー解決の内容
  3. エラー解決法の手順
  4. この記事に関連するオススメの商品

 

1. エラー内容

Windows Updateを実行すると、最初の方は動いているようにみえるのですが、途中でエラーが出て止まってしまうことがあります。エラーの表示は、

  • 「一部の更新プログラムはインストールされませんでした。」
  • 「他のプログラムを現在インストールしています。数分してから再実行してください。」

と表示されるかと思います。 WindowsUpdateがエラーになった時の画面

 

2. 今回説明するエラー解決の内容

何らかの問題があってWindows Updateの実行ができずにエラーが出ているので、Windows Updateを制御しているプログラムを一旦停止させて、それから再度開始させてやります。

 

3. エラー解決法の手順

以下の手順では、Windows7を使って説明します。Windows XPやVistaや8の場合も基本的には同じです。

1) Windowsの左下の「スタート」ボタンを左クリックしてから、「すべてのプログラム」を左クリックします。 WindowsUpdateエラーの解決手順01

2) 「アクセサリ」と書かれたフォルダを左クリックします。 WindowsUpdateエラーの解決手順01

3) 「アクセサリ」のフォルダの中にある、「コマンドプロンプト」というプログラムのアイコンを左クリックします。

WindowsUpdateエラーの解決手順03

4) 「コマンドプロンプト」の黒い画面が表示されたら、キーボードを使って「>」の部分に続けて次のようなコマンドを入力して、エンターキーを押します。

>net stop wuauserv(エンターキー)

WindowsUpdateエラーの解決手順04 5) しばらくすると、「Windows Update サービスを停止中です。」「Windows Update サービスは正常に停止されました。」と表示されます。 WindowsUpdateエラーの解決手順05 6) そのまま続けて、同じようにキーボードを使って「>」の部分に続けて次のようなコマンドを入力して、エンターキーを押します。

>net start wuauserv(エンターキー)

WindowsUpdateエラーの解決手順05 7) しばらくすると、「Windows Update サービスを開始します。」「Windows Update サービスは正常に開始されました。」と表示されます。 WindowsUpdateエラーの解決手順07 8) コマンドプロンプトの画面を閉じて、Windows Updateを再度やってみてください。

 

4. この記事に関連するオススメの商品

Windowsがバージョン8や8.1になって、今までのXP〜Vista〜7までの操作方法から大きく変わったので、パソコンを買い替えた人には使いづらいかもしれません。パソコンの操作方法については一冊、本を手元において繰り返し読みながら操作するのが良いのですが、各個人にあった本は、実際に書店で手にとって調べてから買うことを強くオススメします。

ある人にとってはわかりやすい本でも、他の人にとっては説明不足だったり、逆にわかりきったことばかり書いてあることもあるからです。

Windows8.1のほぼ初心者の方向けに、オススメの例として以下にあげておきます。

速効!図解 Windows 8.1総合版 (速攻!図解シリーズ)

著者/訳者:川上 恭子 白鳥 睦 野々山 美紀

出版社:マイナビ( 2013-10-18 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,922

単行本(ソフトカバー) ( 448 ページ )

ISBN-10 : 4839949174

ISBN-13 : 9784839949174


スポンサードリンク

-Windowsの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノートパソコン、デスクトップパソコン、それぞれのメリットとデメリット

パソコンを買い換えるときに、「ノートパソコンとデスクトップパソコンのどっちが良いか?」という質問をよく聞かれるので、それぞれのメリットとデメリットをまとめておきます。また、使用目的に合わせてどちらが良いかも説明します。

パソコンが遅いときはメモリが少なすぎるかも

「パソコンの動きが遅くなったかな?」と思ったら、次の順番で確認してみましょう。1.メモリが不足してないか、2.HDDの残り容量が少なくなってないか。

パソコンを買って初期設定をしたらついでにやっておくべきこと

パソコンを買ってきて初期設定を終えたら普通にパソコンが使えるようになりますが、後々で困らないようにやっておいたほうが良いことを挙げていきます。

ウイルス対策の他に必要なセキュリティ対策

パソコンのセキュリティ対策といえば「ウイルス対策」が有名ですが、それ以外にも重要な事がいくつかあります。

「ウイルス対策」だけで安心しきってしまうのではなく、その他の対策もしっかりできているかチェックしてください。

ノートパソコンのACアダプタが故障しにくい持ち運び方

ノートパソコンを普段から持ち運んでいる人で割と多いのが、ACアダプタの断線などによる故障です。断線を防ぐための持ち運び方の説明と、それでも故障した時の買い替えについて説明します。

スポンサードリンク