Macのアプリ

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみた

投稿日:2013年11月19日 更新日:

iMacとフローチャート

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみました。比較したのは、「xMind」「FreeMind」「LibreOffice」「OmniGraffle」4種類です。

前者2つ「xMind」「FreeMind」がマインドマップ作成ソフト、後者2つ「LibreOffice」「OmniGraffle」がフローチャート作成ソフトです。

なお、Mac用と書きましたが、「OmniGraffle」以外については、WindowsやLinux用もあります。

 

スポンサーリンク

1. xMind

1-1. 入手先

公式サイトからのダウンロードになります。

xMind公式サイトを開く

1-2. カンタンなマインドマップを作ってみた

xMindの作図例

1-3. ここが良い

  • 無料(有料版もあるが無料版でも十分実用的)
  • 画面デザインが今風であかぬけている
  • Windows、Mac、LinuxのマルチOS対応で、ファイルはどれでも読み書きできる

1-4. ここがイマイチ

  • マインドマップの部品の位置は自動配置されて、自分の好きなところには配置できない
  • 動作がやや重いと思う時がある(CPUがCore i5でも重いと感じる)

 

2. FreeMind

2-1. 入手先

公式サイトからのダウンロードとなります。

FreeMind公式サイトを開く

2-2. カンタンなマインドマップを作ってみた

FreeMindの作図例

2-3. ここが良い

  • 無料
  • 特筆できるほど動作が軽い
  • 部品の配置が自由自在にできる
  • Windows、Mac、LinuxのマルチOS対応で、ファイルはどれでも読み書きできる

2-4. ここがイマイチ

  • 画面のデザインが古臭い印象を受ける

 

スポンサーリンク

3. LibreOffice

3-1. 入手先

公式サイトからのダウンロードになります。

また、メニュー表示を日本語化するためには、LibreOfficeを「アプリケーション」フォルダにコピーしてから、言語パッケージを実行してください。

LibreOffice公式サイトを開く

3-2. カンタンなフローチャートを作ってみた

LibreOfficeDrawの作図例

3-3. ここが良い

  • 無料
  • Windows、Mac、LinuxのマルチOS対応で、ファイルはどれでも読み書きできる

3-4. ここがイマイチ

  • 表現力の豊かさでは「OmniGraffle」に1歩や2歩劣り、良い言えばシンプル

 

4. OmniGraffle

4-1. 入手先

公式サイトから、またはアップルのApp Storeから入手できます。 公式サイトでは製品版のほかに体験版を入手できます。App Storeは製品版のみです。

4-1-1. 公式サイト

OmniGraffleの公式サイトを開く

4-1-2. App Store

OmniGraffle 7 App カテゴリ: 仕事効率化

 

 

4-2. カンタンなフローチャートを作ってみた

OminiGraffleの作図例

4-3. ここが良い

  • 操作がわかりやすく直感的に使える
  • 元々がフローチャート作成専門のソフトなので、フローチャートを作るにはとても快適
  • とてもキレイな作図ができて、表現力は恐ろしく高い
  • 多機能で表現力が高いにもかかわらず、動作が軽い

4-4. ここがイマイチ

  • 価格が9,800円(2013年11月現在)と、気軽に買える値段ではない(無料体験版あり)。Windowsの作図ソフトVISIOが実売4-5万円するのにくらべれば良心的ですが。

 

スポンサーリンク

5. どれがオススメか

マインドマップは、見た目がキレイな「xMind」と、動作が軽くて部品配置が自由な「FreeMind」の両方を使ってみて、自分の好みに合う方を使うのが良いです。

次に、フローチャートは、おそらく多くの人は「LibreOffice」で用が足りると思いますが、物足りなさを感じたら「OmniGraffle」の体験版をしばらく試してみて気に入ったら有料版を買うのが良いと思います。

一例として、仕事でクライアントに提出する資料だと、「OmniGraffle」で作成したほうが印象が良いかもしれません。

 

6. マインドマップと業務フロー作成のおすすめの参考書

マインドマップ

マインドマップについて参考書はたくさんありますが、学術的でビジネスで参考にするにはちょっと難解なものが多いため、サクッと参考にするには以下の本を推薦します。

 

業務フロー作成

業務マニュアルを作る時に、文字を多用するのでなく、業務フローといった図で書くのは、次のようなメリットがあります。

  • 業務の流れが目で見えるので実感でわかる
  • 業務の流れの詰めが甘い部分やモレがハッキリ浮き上がってくる
  • 業務の一部変更をする時に、変更箇所を目立つようにしておくとわかりやすくなる
  • 上記の変更箇所がわかりやすいことから、どんどん業務改善が出来る
created by Rinker
¥2,678 (2019/05/25 00:21:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

Windowsのフローチャート作成のデファクトスタンダードは

Windowsでのフローチャート作成ソフトは、「Excel」「Word」が表計算・文書作成の標準(デファクトスタンダード)のように、「VISO」というソフトが最も良く使われていました。

しかし、最近はWindowsだけでなくマルチプラットフォーム(Mac/スマホ/タブレット)で見られるように、「VISIO」以外のソフトでデータを作成して、取引先に渡す場合はPDFに変換する場合が多いです。

created by Rinker
マイクロソフト
¥41,032 (2019/05/25 00:21:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,052 (2019/05/25 00:21:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

このページの記事は以上です。

 

スポンサーリンク

20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エクセルをぴったり用紙1枚におさめて印刷する方法

エクセルをピッタリ用紙1枚に収めて印刷する方法を紹介します。この方法を知っていれば、拡大・縮小率を調整して1枚に収めるまで何回も印刷して紙を無駄遣いすることなく、1回で印刷出来ます。

iPad

iPadとMacで自動同期できる手書きメモアプリ Notability

今までありそうでなかった、iPadとMacでデータの自動同期をしてくれる手書きメモアプリを探している人向けのオススメのアプリを紹介します。アプリの名前は「Notability」と言って有料ですが、その価値は十分あります。

MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn

Macでは標準「ディスクユーティリティ」でDVD/CDのコピーやバックアップを取れるのですが、やり方がややこしてわかりくいので、フリーソフト「Burn」を使ってカンタンにバックアップを取る方法を説明します。

Macの無料仮想化ソフトVirtualBoxでWindowsを動かすのに苦労したこと4つ

MacでVirtualBoxを使ってWindows 7をインストールした時につまづいたところを紹介します。正直、もっとカンタンにできるかと油断していたのですが、3箇所ほどネットで調べてもズバリと解決法が載っていなかったトラブルがありました。

MacのDVD/CDのコピーソフトBurnのダウンロード方法 – 補足説明

「MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn」のダウンロード方法について、詳細に説明したページを用意しました。

サイト内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク