ブログ@yamafd

iPhone・iPad・Android・Mac・Windows・インターネットの便利なワザを紹介

Macのアプリ

Macの特定のフォルダやHDD内のファイル一覧を作る方法

投稿日:2013年5月9日 更新日:

MacでフォルダやHDDのファイル一覧を作りたいときに、Windowsならフリーソフトでいくつかあるのですが、Macには定番的なソフトがありません。

割合よさそうなものがあっても有料だったり、英語版しかない状況です。

Macに最初から入っているAutomatorを使えば可能ですが、ファイルやフォルダの数が多くなるとうまく動かないことがあるようです。

しかも、 Automatorを使いこなすのはプログラミングの素養がいるので、Mac初級者・中級者には敷居が高いように思います。

そこで、カンタンにファイル・フォルダのリストを作る方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

使うもの

フリーソフトの「TextWrangler」というエディタを使います。

エディタとは、Windowsで言う秀丸のようなもので、文字の入力や編集に特化したソフトのことです。

Mac App Storeからの入手になりますので、次のリンク先からダウンロード&インストールできます。

[applink id=”404010395″ title=”TextWrangler”]

 

リストの作り方

次の手順で操作を行なってください。

1) Macのファインダーで、リストを作りたいフォルダを表示します。

今回はサンプルとして、以下の画面にあるように「フォルダA」というフォルダの中のリストを作るとします。

リスト作成するフォルダ

 

2) TextWranglerを起動します。

真っ白い画面が表示されることと思います。

Textwrangler起動画面

 

3) ファインダーのフォルダをドラッグして、TextWranglerの白い部分にドロップしてやります。

Textwranglerドラッグアンドドロップ

 

4) ファイル・フォルダ数が少なければ一瞬、数十GBのHDDになると5分ぐらい、1TBぐらいになると15分〜30分ぐらいでリストが表示されます。

完成したリスト

 

5) 作成したリストを保存するときは、「File」-「Save As…」とします。

リストの保存

 

6) 保存するファイル名はなんでもいいのですが、保存形式は次のように指定してください。

そうすると、MacでもWindowsでも開いて表示ができます。

そうしないと、Windowsで開けなかったり、文字化けすることがあります。

保存形式

 

ここまでが操作方法の説明です。

 

このページの記事は以上です。

 

スポンサーリンク

20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




-Macのアプリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn

Macでは標準「ディスクユーティリティ」でDVD/CDのコピーやバックアップを取れるのですが、やり方がややこしてわかりくいので、フリーソフト「Burn」を使ってカンタンにバックアップを取る方法を説明します。

MacでWindowsのOutlookメールの拡張子msgファイルを開くアプリ

WindowsのMicrosoft Officeに入っているメール・スケジュール管理ソフトのOutllokのメールのうち、何通かMacで読みたい時の方法を説明します。

Macのメールアプリに「Herald」という拡張機能でメール処理がはかどる

Macを使っていてメールが来た時に、メールアプリの画面に切り替えず、メールの内容を見たり、返信や転送を書いたり、ゴミ箱やアーカイブに振り分けられる、無料で便利な拡張機能(プラグイン)を紹介します。

Macでファイルやフォルダ名の一括変更に便利なツール紹介します

Macでたくさんのファイルやフォルダの名前をまとめて変換することが多い人には便利なツールがあります。「Shupapan」という名前の無料のツールで、ここでは機能の紹介や置き換えのデモを紹介します。

iMacとフローチャート

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみた

Macで使えるフローチャート・マインドマップ作成ソフトを4種類、「xMind」「FreeMind」「LibreOffice」「OmniGraffle」を比較してみました。 なお、最後の「OmniGraffle」以外は、WindowsやLinux用もあります。

サイト内検索