Macのアプリ Macの使い方 Macの周辺機器

Macのキーボードを掃除する時に、キーボードを一時的に無効にする方法

投稿日:2018年12月11日 更新日:

2018年発売のMacBook ProやMacBook Airでは、スリープだけでなくシャットダウンした状態でも、何らかのキーを押すと自動的に電源が入ります。

そうなると困るのが、MacBookのキーボードを掃除したい時に、必要ないのに勝手に電源が入ってしまうことです。

どうやら、最近のMacから内臓されるようになったT2チップが電源オンオフかかわらず常にキー入力を監視していて、何かキーが押された時は電源を入れているらしいのですが、この動作はシステム環境設定やターミナルでも無効にすることができません。

そこでこのページでは、キーボード入力を一時的に無効にするアプリを紹介します。

 

スポンサーリンク

1. キーボード無効化アプリのダウンロードとインストール方法

アプリの名前は「KeyboardCleanTool」という英語版のアプリですが、使い方はカンタンです。

また、キーボード入力の有効化/無効化というハードウエアを操作するアプリなので怪しげなアプリはセキュリティ上危険ですが、Macのトラックパッドのユーティリティとしてとても有名な「BetterTouchTool」を出している「folivora.AI」という会社のアプリなので、まあ大丈夫かな?と思います。

MacBookシリーズのユーザーなら、かなりの確率で「BetterTouchTool」を使っているのではないでしょうか?

BetterTouchTool設定画面

 

▶ では、アプリのダウンロード・インストールの説明を開始します。

まず、Google ChromeやSafariなどのブラウザで以下のサイトを開きます。

以降のこのページの説明では、Google Chromeを使った場合の例になります。

 

▶ サイトを開いたところに「FREE DOWNLOAD」というボタンがあるので、これをクリックしてZIP形式に圧縮されたアプリを適当な場所にダウンロードします。

ダウンロードするファイルは「KeyboardCleanTool.zip」となっているはずです。

 

▶ アプリがダウンロードできたら、ZIPファイルをダブルクリックして展開して元のアプリに戻し、適当な場所に移動させます。

以下の画面は「アプリケーション」のフォルダに移動させた後の様子です。

 

▶ アプリのダウンロード・インストールはここまでですが、引き続いてセキュリティ設定の説明に進んでください。

 

2. アプリのセキュリティ設定

このアプリは最初の起動の時だけ、セキュリティ設定を行う必要があります。

以下はその手順です。

 

アプリ「KeyboardCleanTook,app」をダブルクリックして起動します。

 

以下の画面のように「KeyboardCleanTool.appはインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?」という画面が出たら、一番右のボタンの「開く」をクリックします。

▶ 以下の画面のような、英語で「KeyboardCleanTool」の画面が表示されたら、上のボタンの「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」をクリックします。

 

▶ アプリの最初の起動なので、以下の画面のようにセキュリティ設定をうながす画面が表示されます。

右下のボタンの「OK」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように、「アクセシビリティアクセス」の画面が表示されたら、左下のボタンの「システム環境設定を開く」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように、「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」が開いたら、左下のカギのアイコンをクリックして設定変更が可能な状態にします。

 

▶ 以下の画面のように、使用しているMacのユーザー名とパスワードを入力してから、右下のボタンの「ロックを解除」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように設定変更が可能になったら、「アクセシビリティ」の「KeyboardCleanTool.app」にチェックを付けてから、ふたたび左下のカギのアイコンをクリックします。

 

▶ 以下の画面は、ここまでの設定が完了して、ふたたびカギのアイコンをクリックした後の状態です。

ここまででセキュリティの設定は完了です。

「システム環境設定」の画面は、左上の赤いボタンをクリックして閉じてください。

 

スポンサーリンク

3. アプリの使い方

▶ 直前までの「KeyboardCleanTool」の説明から進んできた人はアプリが起動していると思いますが、2回目以降に使う場合は「keyboardCleanTool」を起動してください。

 

▶ アプリの画面で、上のボタンの「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」をクリックします。

 

▶ 以下の画面のように、画面上のアイコンの色が変わって、上のボタンの文字が「Click to stop cleaning mode / unlock the keyboard!」となってる状態は、キーボード無効化になっている表示です。

この状態ではキーボードは全く反応しないので、この間にじっくりとキーボードの掃除をしましょう。

ふたたびキーボードを有効化に戻したい時は、以下のように上のボタンをクリックすればもとに戻ります。

注意点としては、キーボードは無効になっていても、タッチパッドや有線/無線マウスは有効なので、掃除中に誤って触ってしまわないようにしてください。

 

▶ アプリの使用を終える時は、左上の赤いボタンをクリックすれば終了します。

 

▶ このページの説明は以上です。

 

4. キーボードの皮脂・テカリを取るには、クリーニングクロスがオススメ

MacBookシリーズのキーボードはすぐに手の皮脂でテカテカになってカッコ悪いです。

ネットで集めた情報では「無水エタノールが良い」と複数出てきますが、私が実際に次の商品を買って試したところでは、拭いた跡が残ってイマイチでした。

created by Rinker
健栄製薬
¥905 (2019/05/24 16:09:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

そこで、ティッシュやタオルなどいろいろ試した所、脂で汚れてない状態のメガネ拭きや、以下のような液晶モニタを拭く時に使うクリーニングクロスが一番良かったです。

このページで紹介した「KeyboardCleanTool」でキーボードを無効にして、キーを一つ一つクリーニングクロスで拭き掃除すると、いい感じにきれいになります。

 

このページの記事は以上です。

スポンサーリンク

20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




20190413_blog_PC記事下_レクタングル336_280




-Macのアプリ, Macの使い方, Macの周辺機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iMacとフローチャート

Macで使えるマインドマップ・フローチャート作成ソフトを比較してみた

Macで使えるフローチャート・マインドマップ作成ソフトを4種類、「xMind」「FreeMind」「LibreOffice」「OmniGraffle」を比較してみました。 なお、最後の「OmniGraffle」以外は、WindowsやLinux用もあります。

エクセルをぴったり用紙1枚におさめて印刷する方法

エクセルをピッタリ用紙1枚に収めて印刷する方法を紹介します。この方法を知っていれば、拡大・縮小率を調整して1枚に収めるまで何回も印刷して紙を無駄遣いすることなく、1回で印刷出来ます。

iPad

iPadとMacで自動同期できる手書きメモアプリ Notability

今までありそうでなかった、iPadとMacでデータの自動同期をしてくれる手書きメモアプリを探している人向けのオススメのアプリを紹介します。アプリの名前は「Notability」と言って有料ですが、その価値は十分あります。

精密ドライバー

MacBookシリーズの裏蓋を開けたりHDD/SSD交換にオススメのドライバー

MacBook AirやMacBook Proのハードディスクの交換、SSDへの交換、メモリの増設、バッテリの交換をするには、裏ぶたを開ける必要がありますが、注意しない簡単に舐めてしましそうなほどネジが貧弱です。 そこで、裏ぶたを開けるときにピッタリなドライバーを紹介します。

2台のMacでリモート接続する方法(自宅内LAN、外出先から)

Macでは、2台のMacを簡単な設定だけでリモート操作することができます。

自宅内でも外出先からでもどちらでもOKです。

何年かMacを使っていると2台以上になるので、メインマシンでないMacはリモート接続で有効活用してあげましょう!

サイト内検索

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク