プロバイダーとネットワーク機器

インターネットの線(LANケーブル)の長さが足りないときはどうするか

投稿日:2013年7月30日 更新日:

パソコンとルーターやモデムをつなぐインターネットの線、LANケーブルが足りない時の解決法を説明します。

この場合、目の前の問題だけでなく、将来的なパソコンやスマホやタブレットの追加も考えに入れて解決法を決めるのが良いです。

 

目次

 

解決法1;延長コネクターを使って別のケーブルをつなぐ

足らない距離が1〜3mまでの場合

ダイソー/セリア/キャン・ドゥなどの100均で、「LAN中継コネクター」と「LANケーブル」を買ってきてケーブルを延長してやります。

LANケーブルは1m・2m・3mと各種置いているはずです。

 

足らない距離が3mを超える場合

この場合はLANケーブルの距離が長いのでネットワークの信号のロスが少なくなるように、信頼性の高いきちんとしたメーカーの「LAN中継コネクター」と「LANケーブル」で延長してください。

前項で説明した、100均の「LAN中継コネクター」と「LANケーブル」でも延長できますが、延長する距離によってはLANが切れたりする場合があるのでオススメ出来ません。

Amazon.co.jpで買う
Amazon.co.jpで買う
エレコム LANケーブル 10m スーパーフラット CAT6準拠 シルバー LD-GF/SV10
  • ELECOM(エレコム)
  • 価格   ¥ 840 ¥ 3,240
  • 販売者 家庭電化製品のお店 GIGA
クリックして今すぐチェック
Amazon.co.jpで買う
【1998年モデル】ELECOM LANケーブル CAT5e 15m ブラック LD-CT/BK15
  • ELECOM(エレコム)
  • 価格   ¥ 1,234
  • 販売者 ダイショウ(木曜日は発送がお休みです)
クリックして今すぐチェック

 

解決法2;LANハブを導入してそこから別のLANケーブルをつないで延長する

ハブといってもUSBのハブとは全くの別物で、LANハブとは1つのLANケーブルを複数のLANケーブルに分岐させるためのネットワーク機器です。

分岐の数が4つから8つ、値段が2,000円ぐらいから5,000円ぐらいが最も売れ筋です。

LANハブを買うときは分岐の数以外に、「ギガビットイーサ対応」と書かれた速度が早いものを選んでください。

また、LANハブだけでなく、延長用のLANケーブルも買うことを忘れないでください。

以下の商品は「5ポート」と書いていますが、入り口に1ポート使うので、1つのLANケーブルを4つのLANケーブルに分岐できます。

以下の商品は「8ポート」と書いていますが、入り口に1ポート使うので、1つのLANケーブルを7つのLANケーブルに分岐できます。

Amazon.co.jpで買う
BUFFALO Giga対応 スイッチングHub ホワイト LSW4-GT-8NS/WH
  • バッファロー
  • 価格   ¥ 4,580 ¥ 6,836
  • 販売者 brother+
クリックして今すぐチェック

解決法3;無線LANルータを使って無線LAN(WiFi)を導入する

部屋の中や廊下にLANケーブルを這わせるのに見た目に抵抗がある方は、無線LANルーターの導入を検討してください。

無線LANルーターは、以前はメーカーによって当たり外れがあったのですが、最近は有名メーカーを選んでおけば大丈夫です。

具体的には、NEC・バッファロー・IOデータがオススメです。

 

さらには、夜にインターネットが遅くなって困っていて、契約しているインターネットのプロバイダーが「IPv6(IPoE)」に対応している場合は、「IPv6(IPoE)」対応のルーターがオススメです。

「IPv6(IPoE)」とは、インターネットのプロバイダーに接続する方式の名前です。

特徴は、通常の接続方式の「IPv4」と比べて、夜でも速度が遅くならないことです。

インターネットのプロバイダーによっては、「IPv6(IPoE)」に対応していなかったり、オプション料金として数百円かかる場合もありますが、その価値は十分あります。

以下の無線LANルーターは、「IPv6(IPoE)」に対応しています。

 

それぞれの解決法について

解決法の1はLANケーブルをつなぐだけなので、最もシンプルな解決法で費用も最も安く上がります。

しかし、解決法2や3にすればパソコンの台数を増やせたり、解決法3ではスマホやタブレットでWiFiを使えるメリットがあります。

そこで、将来的にパソコンやスマホやタブレットを使いたいな・使うかも、とも思ったら、将来への先行投資という意味で、解決法3や2を採用することをオススメします。

 

スポンサードリンク

-プロバイダーとネットワーク機器

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットワークのルーターやハブの故障の確認方法、寿命、故障の防ぎ方

家庭や職場でインターネットを使う時の必須の機械に、ルーターやハブがありますが、「故障しているかどうかの確認方法、故障しかかっている時の確認方法を知りたい。」といった疑問にお答えします。また、「普通、ルーターやハブはどれぐらいで寿命になるのか?寿命を伸ばしたり故障を防ぐ方法はあるのか?」といった疑問にもお答えします。

VDSLでネットが使えなくなった時の対処法メモ

マンション等の集合住宅で使われることが多い「VDSL」でインターネットにつながらなくなった時の解決法をメモします。

無線LANの電波はどれぐらいの距離まで届くか・オススメのルーター

今まで数多くの無線LAN(WiFi)の設置を行なってきた経験上、電波がどれぐらい届くかの目安を説明します。また、電波がよく届くオススメのルーターの話もします。

スポンサードリンク

サイト内検索