Macの使い方

2台のMacでリモート接続する方法(自宅内LAN、外出先から)

投稿日:2013年8月27日 更新日:

Macでは、2台のMacを簡単な設定だけでリモート操作することができます。

追加ソフトは不要で、さらに使用料も一切かかりません。

また、自宅内でも外出先からでもどちらでもOKです。

アップルでは、

  • 自宅内でのリモート接続・・・「画面共有」
  • 外出先からのリモート接続・・・「どこでも My Mac」

と呼んでいます。

「どこでも My Mac」は「画面共有」の機能拡張版で、設定が多少多くなりますが、操作方法は全く同じです。

ともあれ、何年かMacを使っていると2台以上になることが多いので、メインマシンでないMacはリモート接続で有効活用してあげましょう!

「どこでも My Mac」は、数年前までは年間1万円の「Mobile.me(モバイル・ミー)」で使える機能でしたが、現在は無料の「iCloud(アイクラウド)」の機能の一部になっています。

また、Windowsで同じようなリモート接続をしようとすると、通常版のHomeエディションよりも高価なProやUltimateのエディションが必要だったり、VNCというリモート操作のソフトを使う必要があり、Macのように「無料でいますぐ手軽に」というわけにいきません。

目次

どんな時に使うと便利か

以下の使用例は、いずれも実行時にMacへの処理の負荷が大きく、長時間かかるものばかりです。

これらの作業をメインマシンのMacとは別のMacで行うと、メインマシンが遅くならなくて快適です。

  • 大量のファイルコピー
  • ハードディスクのクローン作成
  • データ復旧
  • 動画のエンコード
  • DVDやCDの書き込み

上記の作業を自宅のMacで作業をさせたまま外出して、外出先からリモート接続で進捗状況を見て、続きの処理を実行させる、といったことももちろん可能です。

その他には、次のような使い方も便利です。

  • メインマシンとしての役割を終えてたMacをファイルサーバーとして使用
  • 特定のMacに入れているVMWare FusionやParallelsなどのWindows仮想環境を使う
  • 良質なスピーカーやコンポにつないだMacでiTunesやインターネットラジオの再生

使用するネット回線について

リモート接続では、操作する側と操作される側の間で、大量のデータのやり取りが起きます。

よって、回線は速ければ速いほど操作に引っかかりが少なく、スムーズに行うことが出来ます。

なお、自宅内で完結する場合と、外出先から操作する場合について、使用ネット回線の注意事項を別々に説明します。

 

操作する側・される側のMacがどちらも自宅内の場合

有線LANでも無線LANでもかまいませんが、有線LANのほうがストレスなく使用可能です。

無線LANで反応が遅いと思ったら、操作する側とされる側ともに有線LANにしてみましょう。

 

外出先のMacから自宅のMacを操作する場合

テザリングでLTEや3Gを使う場合は、パケットのデータ量が大きくなりがちなので注意が必要です。

何10分〜数時間も使う場合は、上限のないWiMaxや有線ネットワークで使うようにしましょう。

また、操作される側・操作する側ともにある程度速い回線でないと、操作に引っかかりが起こって、ストレスがたまってしまいます。

目安としては、実用に耐える回線は、遅くともADSLや3G以上を推奨します。

さらに、光回線やCATVやWiMaxやLTEがオススメです。

 

事前準備

ルータの設定を確認・変更

自宅内のMac同士の操作なら不要なのですが、外出先のMacから自宅のMacをリモート操作する場合は、自宅のルータの設定の確認・変更が必要です。

自宅で使用中のルーターが「UPnP」を有効にできるようなら、有効にしてください。

「UPnP」の設定をしなくてもたいていはリモート接続できるはずですが、いきなり回線が切れたり不安定になることがあるので、なるべくなら設定しておいてください。

わからなければ、とりあえずリモート接続を使って様子を見てみてください。

なお、「UPnP」とはネットワークに繋がった機器同士でデータのやり取りを行う機能のことです。

「UPnP」を設定する詳しい方法は、使用中のルーターのマニュアルを御覧ください。

 

操作される側のMacの設定@家庭内で完結する場合

あらかじめ、リモート接続を受け入れられるように設定を行う必要があります。

 

1) 「システム環境設定」を起動して、「共有」をクリックします。

「システム環境設定」ー「共有」

「共有」をクリック

 

2) 「共有」の設定画面が出たら、画面左側のサービス名「画面共有」にチェックを入れます。

「共有」の中の「画面共有」にチェックを入れる

「画面共有」にチェックを入れる

 

3) チェックを入れるとすぐ右にある「画面共有:入」の表示になり、緑色のランプが点滅します。

これだけで、他のMacからリモート接続できるようになりました。

表示が「画面共有:入」に変わり、リモート接続が可能になった

表示が「画面共有:入」に変わる

 

4) 標準では「アクセスを許可」が「Administrators」だけで、これだと使えるユーザーが限られてしまうので、「すべてのユーザ」にチェックを付けて誰でもアクセスできるようにします。

「アクセス許可」に「すべてのユーザ」にチェックを入れる

「すべてのユーザ」にチェックを入れる

 

操作される側のMacの設定@外出先から操作する場合

外出先からリモート接続する場合は、上記の「家庭内で完結する場合」に加えて、以下の設定が必要になります。

 

1) 「システム環境設定」を起動して、「iCloud」をクリックします。

「システム環境設定」ー「iCloud」

「システム環境設定」ー「iCloud」

 

2) 「iCloud」が表示されたら、「どこでもMyMac」にチェックを入れます。

「iCloud」ー「どこでもMyMac」にチェックを入れる

「どこでもMyMac」にチェックを入れる

 

3) 「設定中…」の文字と歯車がグルグル回る表示が出るので、しばらく待ちます。

「設定中...」が出たらしばらく待つ

「設定中…」が出たらしばらく待つ

 

4) 設定が完了したら「設定中…」の文字と歯車のアイコンが消えます。

 

下のサンプル画面では「ルーターの設定でパフォーマンスが上がります。」と出ているのは、ルーターが「UPnP」に対応していないためです。

まれにリモート接続できないなどのトラブルが起きますが、とりあえず使うことは出来ます。

万が一接続できないなどのトラブルがあれば、「UPnP」対応のルーターに変えるのを検討すべきです。

「どこでもMyMac」の設定完了

「どこでもMyMac」の設定完了

 

実際にリモート接続する方法

1) 接続する側のMacのファインダーFinderを起動します。

起動すると、画面の左下に「共有」と書かれた部分にリモート接続の設定をしたMacが表示されているので、クリックしてやります。

Finderからリモート接続

Finderからリモート接続

 

2) ファリンダーFinderの右上に、「画面を共有…」のボタンが表示されているので、クリックします。

「画面を共有...」をクリック

「画面を共有…」をクリック

 

3) しばらくすると、リモート接続されたMacの画面が表示されます。

接続できたら、文字入力やマウスなどすべての操作が可能です。

接続時に、場合によってはパスワードの入力を求められることがあるので、その場合はリモート接続されるMacのログインやアプリのインストール時のパスワードを入れてやります。

リモート接続されたMacが表示された

リモート接続されたMacが表示された

 

この記事に関連するオススメの商品

外出の時にMacBook Airを持ち歩いている時に気になるのがバッテリー切れです。ネット回線は最近ではWiFiスポットやスマホのテザリングやモバイルルーターでどこでもネット出来る環境になりましたが、バッテリはなかなか技術革新が起こりませんね。

そこで、普段なら3-5時間ぐらいしか持たないMacBook Airのバッテリを3時間ほど伸ばすモバイルバッテリーを紹介します。

パソコン対応のバッテリともなると値段が高くなり、聞いたことがない怪しいメーカーだとほんとうに使えるのか・パソコンを壊さないか不安になりますが、パソコン周辺機器で有名な「サンワサプライ」のバッテリなので信頼性は高いです。

MacBook Air 2011で使う時は、以下のアダプタも一緒に買って接続して下さい。

DC Power Connector Compatible with Apple MacBook C28

DC Power Connector Compatible with Apple MacBook C28

中古価格: ¥ 1,280 より

Amazon価格:¥ 2,480

カテゴリ:エレクトロニクス


MacBook Air 2012/2013は、上記のアダプタに加えて、以下の変換コネクタも必要です。

Apple MagSafe-MagSafe2コンバータ MD504ZM/A

Apple MagSafe-MagSafe2コンバータ MD504ZM/A

定価:¥ 1,008

Amazon価格:¥ 1,395

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-06-13


 

スポンサードリンク

-Macの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Macが起動しない・調子が悪いときはPRAMクリアをやってみる

Macが起動しなくなったり音が出なくなったり、調子が悪くなったら修理に出す前に「PRAM
クリア」をやってみましょう。これで治る事もあります。

精密ドライバー

MacBookシリーズの裏蓋を開けたりHDD/SSD交換にオススメのドライバー

MacBook AirやMacBook Proのハードディスクの交換、SSDへの交換、メモリの増設、バッテリの交換をするには、裏ぶたを開ける必要がありますが、注意しない簡単に舐めてしましそうなほどネジが貧弱です。 そこで、裏ぶたを開けるときにピッタリなドライバーを紹介します。

MacBook Late 2008のトラックパッドのクリック不能を自分で修理

足掛け5年近く使っているMacBook Late 2008のトラックパッドのクリックが全くできなくなっていたのを、ネットで調べて自分で直すことができました。作業は10分程度。アルミのMacBook Pro/Airでも応用できそうです。

Macがシステム終了・再起動できない時の対処法

Macを使っていると、普通ならできる「システム終了」「再起動」ができなくて困ることがあります。この現象が何回も出る時はリカバリをして根本解決をするべきなのですが、とりいそぎ対処したい時の解決法を説明します。

Macの中からiCloud対応アプリで保存したファイルを取り出す方法

OS X 10.7.2 LionからiCloudが導入され、MacとiPhoneとiPadでデータの完全自動同期が可能になりました。メールやアドレス帳やスケジュール帳の同期の他に、iCloud対応アプリの保存データも同期できます。今回は、iCloud対応アプリで保存されたデータを取り出す方法の説明です。

スポンサードリンク