Macの使い方

MacBookシリーズの裏蓋を開けたりHDD/SSD交換にオススメのドライバー

投稿日:2014年8月19日 更新日:

工具を持った女性

MacBook ProやMacBook Airのハードディスク/SSDの交換、メモリの増設、バッテリの交換をするには、裏ぶたを開ける必要がありますが、注意しないと簡単になめてしましそうなほどネジが貧弱です。

そこで、今まで使ったことがある裏ぶたを開ける作業の時にオススメのドライバーを紹介します。

 

目次

  1. MacBook Pro/Airの必要なドライバー一覧表
  2. MacBook Proの裏ぶたを開けるときにオススメのドライバー
  3. MacBook Airの裏ぶたを開けるときにオススメのドライバー
  4. 交換用のネジの入手方法

 

1. MacBook Pro/Airの必要なドライバー一覧表

MacBook Pro MacBook Air/MacBook Pro Retina
裏ぶたのネジを外す

精密ドライバー+00

(マイクロドライバー+00の表記の場合もあり)

ペンタローブ1.2mmドライバー

(入手がとても困難。アマゾンで購入がオススメ)

HDD/SSDを外す 普通ドライバー+0 ヘクスローブT5ドライバー
HDDのマウンタを外す ヘクスローブT6ドライバー  –
バッテリを外す ヘクスローブT5ドライバー

まとめてみると、MacBook Proで3種類、MacBook Air/Pro Retinaで2種類のドライバーが必要です。

なお、T5とT6のヘクスローブドライバーを間違えやすいので、購入の時は注意してください。

 

2. MacBook Proの裏ぶたを開けるときにオススメのドライバー

裏ぶたのネジを外す

精密ドライバーの「刃先+、サイズ00」がサイズ的にはピッタリなのですが、100均やホームセンターのセットのドライバーは刃先の精度が甘くて、ネジの頭をなめてしまう確率が高いです。

そこで、MacBookシリーズの裏ぶたを開けるときは、きちんとした信頼性の高いドライバーを使えば、あっけないほど力を入れることなくキッチリとネジが回せます。

そういうドライバーなら、多少ネジをなめていても回せる場合が多いです。

今まで使ってみたドライバーの中では、オススメは次の2本です。どちらともホームセンターやアマゾンで比較的簡単に入手できます。

アネックス(ANEX) 精密ドライバー +00×50 No.3450

アネックス(ANEX) 精密ドライバー +00×50 No.3450

定価:¥ 454

Amazon価格:¥ 238

カテゴリ:Tools & Hardware


ベッセル(VESSEL) マイクロ ドライバー 精密 ネジ用 +00×75 9900

ベッセル(VESSEL) マイクロ ドライバー 精密 ネジ用 +00×75 9900

中古価格: ¥ 1,980 より

Amazon価格:¥ 213

カテゴリ:Tools & Hardware


どちらとも同程度に使いやすいので、在庫が片方しかない場合はそれを選び、両方在庫がある場合は、軸が短い前者か、それよりも2.5cm長い後者か、好みで選んでも良いと思います。

HDDを外す

普通のドライバーの「刃先+、サイズ0」、多分どこの家にもあるもので十分です。

HDDのマウンタを外す

先端が星形になっている「ヘクスローブT6ドライバー」が必要です。

ホームセンターで簡単に入手可能のはずですが、アマゾンから購入も可能です。

私が愛用しているオススメのドライバーは次です。

アネックス(ANEX) T型ヘクスローブドライバー T6×50 No.6300

アネックス(ANEX) T型ヘクスローブドライバー T6×50 No.6300

定価:¥ 589

Amazon価格:¥ 319

カテゴリ:Tools & Hardware


 

3. MacBook Air/MacBook Pro Retinaの裏ぶたを開けるときにオススメのドライバー

裏ぶたのネジを外す

AirとPro Retinaの裏ぶたのネジは特殊なネジで、パッと見たところでは先端が星形のヘクスローブのドライバーで開けられそうなのですが、専用工具が必要なので注意してください。

多分、アマゾンやMac専門店などでないと入手できないと思います。それ以外のところで売っているのを見たことがありません。

[Present-web] Macbook Air用 星型ドライバー 1.2mm

[Present-web] Macbook Air用 星型ドライバー 1.2mm

Amazon価格:¥ 210

カテゴリ:その他


SSDを外す・バッテリを外す

先端が星形になっている「ヘクスローブT5ドライバー」が必要です。

ホームセンターで簡単に入手可能のはずですが、アマゾンから購入も可能です。

私が愛用しているオススメのドライバーは次です。

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T5×50 No.6300

アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T5×50 No.6300

定価:¥ 632

Amazon価格:¥ 343

カテゴリ:Tools & Hardware


 

 

4. 交換用のネジの入手方法

裏ぶたのネジが外れて失くしたり、ネジの頭をなめてしまったら、アマゾンでネジを購入して取り付けましょう。

MacBook Proのネジは精密ドライバーの「+00」、MacBook Airのネジは専用の「ペンタローブ1.2mm」で長いネジ2本、MacBook Pro Retinaのネジは専用の「ペンタローブ1.2mm」で長いネジ0本、間違わないように注意してください

MacBook Pro用のネジ

MacBook Air用のネジ

MacBook Pro Retina用のネジ

スポンサードリンク

-Macの使い方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2台のMacでリモート接続する方法(自宅内LAN、外出先から)

Macでは、2台のMacを簡単な設定だけでリモート操作することができます。

自宅内でも外出先からでもどちらでもOKです。

何年かMacを使っていると2台以上になるので、メインマシンでないMacはリモート接続で有効活用してあげましょう!

Macでマウスのカーソルが小さくて見づらい時の解決法

Macを使っている時、特にiMacなど画面が大きい時に、マウスのカーソルが見づらい時があります。 そこで、Macの標準機能と、アプリを使った2つの方法で、マウスカーソルを見やすくする方法を紹介します。

MacBook Late 2008のトラックパッドのクリック不能を自分で修理

足掛け5年近く使っているMacBook Late 2008のトラックパッドのクリックが全くできなくなっていたのを、ネットで調べて自分で直すことができました。作業は10分程度。アルミのMacBook Pro/Airでも応用できそうです。

Macの無線LANを無料で速く出来るかもしれない方法

アップル製のAirMacシリーズを親機にしてMacやiPadやiPhoneで無線LANを使っている人は、5GHzの周波数を使う設定ができれば、追加投資なしで無線の速度を倍ぐらいに上げられます。この記事では対応機種の一覧と、設定方法を説明します。

Macの中からiCloud対応アプリで保存したファイルを取り出す方法

OS X 10.7.2 LionからiCloudが導入され、MacとiPhoneとiPadでデータの完全自動同期が可能になりました。メールやアドレス帳やスケジュール帳の同期の他に、iCloud対応アプリの保存データも同期できます。今回は、iCloud対応アプリで保存されたデータを取り出す方法の説明です。

スポンサードリンク