*

MacでDVD/CDのコピーやバックアップの取り方 – フリーソフトBurn

公開日: : 最終更新日:2013/11/16 Macのアプリ

Macでは標準「ディスクユーティリティ」でDVD/CDのコピーやバックアップを取れるのですが、やり方がややこしてわかりくいので、フリーソフト「Burn」を使ってカンタンにバックアップを取る方法を説明します。

 

目次

 

フリーのDVD/CD焼きソフト「Burn」の入手先

次のホームページからダウンロードして解凍したものを「アプリケーション」フォルダにドラッグ・アンド・ドロップしてください。

Burn配布サイトのリンク

 

Burn01

ダウンロードがうまくいかない・ダウンロードが出来ない場合は、ダウンロード方法について解説した別ページを御覧ください。

MacのDVD/CDのコピーソフトBurnのダウンロード方法 – 補足説明

DVD/CDのコピーを別のディスクに作る方法

1) Burnを起動します。

Burn02

 

2) 起動したら、上にある「コピー」と表示された部分をクリックします。

Burn03

 

3) 画面が変わって、「ディスクやイメージをここにマウスドラッグ」という表示が出るので、そうなったらコピーしたいDVD/CDのディスクをDVD/CDドライブに挿入します。

Burn04

 

4) ディスクを挿入したら、画面右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

Burn04 b

 

5) ディスクが表示されたら、右下の「選択」ボタンをクリックします。

音楽CDの場合、自動的にネットからアルバムタイトルが表示されます。

Burn05

 

6) 正常にディスクのスキャンが出来たら、画面の左上にアルバム・タイトルや種類やサイズの表示が出ます。

それらが出たら、右下の「ディスク作成」ボタンをクリックします。

Burn06

 

7) ディスク作成についての画面が出ますが、設定はそのままでかまいません。

そのままで右下の「ディスク作成」ボタンをクリックします。

BurnA07

 

8) ディスク作成中の進捗画面が出るので、しばらくそのまま待ちます。

処理中はできればMacを使わないほうが、ディスク読み出しが失敗しにくくなります。

BurnA08

 

9) コピー元のディスクを読み取ったら、ディスクが自動的に排出されて、コピー先のディスクを挿入するのを促す画面が出ます。

そうなったら、コピー先の書き込み可能なDVD/CDを挿入します。

BurnA09

 

10) ディスク作成中の進捗画面が出るので、しばらくそのまま待ちます。

処理中はできればMacを使わないほうが、ディスク書き込みが失敗しにくくなります。

BurnA10

 

11) ディスクの書き込みが完了したら、他のMacやWindowsパソコンで読めるか、音楽CDならコンポで再生できるかどうかを確認しましょう。

問題なければ、ディスク作成は以上で完了です。

 

DVD/CDのバックアップをハードディスクに作る方法

前項の「DVD/CDのコピーを別のディスクに作る方法」の1)から5)までを見ながら、バックアップを取りたいディスクを読み込ませます。

ここまでの作業は全く一緒なので、これ以降の操作が違う部分だけ説明します。

 

1) 正常にディスクのスキャンが出来たら、画面の左上にアルバム・タイトルや種類やサイズの表示が出ます。

それらが出たら、右下の「ディスク作成」ボタンをクリックします。

Burn06 b

 

2) ディスクのバックアップイメージを作るにあたって、イメージの名前と場所を指定します。

名前は、拡張子がisoが付いて「楽園.iso」といったものになります。

場所は、Mac内蔵のHDDや外付けHDDやNASなどを指定します。

以上の指定ができたら、画面右下の「保存」ボタンをクリックします。

BurnB07

 

3)  ディスクイメージ作成中の進捗画面が出るので、しばらくそのまま待ちます。

処理中はできればMacを使わないほうが、ディスク読み出しが失敗しにくくなります。

BurnB08

 

4) ディスクイメージ作成が完了したら、イメージファイルをダブルクリックして、中身が表示されることを確認します。

確認できたら、バックアップは完了です。

BurnB09

この記事に関連するオススメの商品

昔のアナログレコード風のCD-R

バンドやDTMの音源を知り合いに渡したり、プレゼントであげるときには、アナログレコード風のCD-Rだとインパクト大です。

アナログレコード風のCD-R

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回記録用 CD-R SR80PH50V1 (レコードデザイン/48倍速/50枚)

三菱ケミカルメディア Verbatim 1回記録用 CD-R SR80PH50V1 (レコードデザイン/48倍速/50枚)

Amazon価格:¥ 831

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2012-01-16


CD/DVD/BD保管用ケース

私が今までで使ったCD/DVD/BDメディア保管ケースで、一番リーズナブルで収容性が高いケースがこれです。

エレコムCDケース

収納後は辞書のように立てて保管できますし、持ち運びの時はハンドルが付いているので持ちやすいです。

メディアを満杯まで収納すると重量がけっこうあるので、ひんぱんに出し入れするのには向きませんが、使用頻度は低いけどもキッチリと長期保管したい場合にはピッタリです。

【2004年モデル】ELECOM CCD-W96BK CD/DVDウォレット

【2004年モデル】ELECOM CCD-W96BK CD/DVDウォレット

定価:¥ 1,296

Amazon価格:¥ 1,980

カテゴリ:Personal Computers

発売日:2004-10-20


 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

  1. たたら より:

    このAyePlayというサイトですが、無料コースにしか登録していないのにいつのまにか有料コースに登録されていて料金が請求されたり‥‥なんてことにはならないでしょうか。

  2. コルへ より:

    DVDをコピーする方法ですが、他のアプリにて「VIDEO_TSフォルダ」を作成し、Burnの「ビデオ」タブからディスク作成するのと、こちらで紹介されている方法とでは、どのような違いがありますか?
    Burnについてあまり詳しくないので、どちらの方法にどんなメリット・デメリットなどがあるなど、ご存知でしたら教えていただきたいです。

  3. 茶カテキン より:

    CDのなかから5曲目だけをCDーRに焼きたいときはどうすればよいでしょうか.
    目的の曲をドラッグドロップして作成したCDをきいてみると途中からピーー音が入ってるだけでうまくいきません。何か間違っていますでしょうか。

  4. サイト管理者 より:

    茶カテキンさんの質問で、音楽CDから特定の曲だけCDに焼けないのは、音楽CDから直接CD-Rに音楽データを書き込めないからです。

    よって、いったんデスクトップなどに音楽ファイルを保存してから「Burn」で焼けばうまくいきます。

    以下は、今回のように目的の曲だけCDに焼く手順です。

    <曲ファイルの取り込み>

    1) アプリ「Burn」を起動する。

    2) Macに音楽CDを挿入する。

    3) もしも自動的にiTunesが起動したら、iTunesは終了させる。

    4) 音楽CDがMacにマウントされたら、Finderで音楽CDの中を表示して曲ファイルが入っていることを確認する。

    5) 表示されている曲ファイルのうち、CD-Rに焼きたい曲ファイルをデスクトップや適当なフォルダを作ってその中にドラッグ&ドロップする。

    6) 音楽CDをMacからイジェクト(排出)する。

    <CD-Rを焼いて音楽CDの作成>

    7) アプリ「Burn」の上部のタブ「オーディオ」を選んでから、左下の「+」ボタンをクリックしてCD-Rに焼きたい曲ファイルを追加する。

    8) 書き込み可能なCD-RをMacに挿入する。

    9) アプリ「Burn」の右下の「ディスク作成」ボタンをクリックしてCD-Rへの書き込みを開始する。

    以上♪

  5. 茶カテキン より:

    なるほど、そういうことだったんですね。
    色々やってみてiTunesのプレイリストを使う方法で解決していましたが、今度こちらの方法でやってみます。
    ご丁寧にありがとうございました!

  6. crescent1966 より:

    詳細にわかりやすく紹介してもらいました。どうもありがとうございました。

サイト管理者 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

MacTracker

見ているだけでも楽しい、歴代アップル製品のカタログ的アプリ – MacTracker

アップルがこれまで発売してきたすべてのMac、OS、iPodを始めとした製品、その他にプリンタや無線

記事を読む

ApplePailPx128

Macのメールアプリに「Herald」という拡張機能でメール処理がはかどる

Macを使っていてメールが来た時に、メールアプリの画面に切り替えず、メールの内容を見たり、返

記事を読む

GoogleMusicPx370Px370

Mac用Google Play Music互換プレーヤーをいくつか紹介

2015年9月から日本でもサービス開始となったGoogle Play Music使ってますか

記事を読む

AntennaPx150

iPhoneユーザの行動記録をマップ表示するiPhone Tracker

iPhoneをMacにつないで使っている人は、iPhone Trackerというフリーソフトで今

記事を読む

TextWrangler

Macの特定のフォルダやHDD内のファイル一覧を作る方法

MacでフォルダやHDDのファイル一覧を作りたいときに、Windowsならフリーソフトでいくつかある

記事を読む

スポンサードリンク
GoogleMusicPx370Px370
Mac用Google Play Music互換プレーヤーをいくつか紹介

2015年9月から日本でもサービス開始となったGoogle P

SurfacePro3Px256
Surface 3を買って1ヶ月、外出用マシンとして使って気づいた点いろいろ

6月下旬に発売されたSurface 3をほぼ1ヶ月ほど使ったの

CinemaDisplayPx128
MacBook Pro 15 Retina 2013/2015にDELLのP2715Qをつなぐ時のコツ

MacBook Pro 15 retina Late 2013

TextEditingPx128
Androidで用紙サイズが自由な手書きメモ「Papyrus」が使いやすい

今までiPadの手書きメモアプリ「Notability」を使っ

HeadphonePx128
MocreoのBluetooth受信機のコストパフォーマンスが素晴らしい

Mocreoという無名メーカーの2千円弱のBluetoothレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑